新千歳空港駅

千歳線の駅、新千歳空港の改札画像です。

駅名標。当駅は北海道の空の玄関口である新千歳空港の最寄駅である。当駅には、主に札幌・小樽方面に向かう快速エアポートが発着する。函館・釧路方面へは隣の南千歳で、旭川方面へは札幌での乗換が必要である。駅番号は当駅専用の”AP”が付番されており、千歳線本線からの続番となっている。
駅入口。当駅には駅舎はなく、新千歳空港国内線旅客ターミナルに直結する地下駅となっている。
改札口。空港最寄駅のため大型の荷物を持った乗客が多いが、幅広型の改札機は導入されていない。当駅の利用者数はJR北海道全体で札幌駅に次ぐ第2位となっている。インバウンド客の増加に伴い2018年に大規模リニューアルがなされ、北海道の風景を映し出すモニターが設置された。
リニューアル前の改札口。以前の駅構内はデンマーク国鉄との提携関係によるデンマーク風のデザインとなっていた。
きっぷ売り場の様子。指定席券売機・自動券売機ともに多数設置されている
当駅にはみどりの窓口があるほか、北海道の玄関口としてツアーカウンターや訪日外国人旅行者向けのインフォメーションカウンターも設けられている。
みどりの窓口横にも自動券売機が多数設置されている
当駅の待合スペース。北海道を代表する樹木である「白樺」をあしらったデザインとなっている。
改札口前には北海道全道の地図を同縮尺の本州と重ねた地図が設置されており、北海道の広さを体感することができる。例えば、函館ー釧路の距離は大阪ー東京の距離と同程度であることが地図から読み取れる。
改札内コンコースに設置されたモニターの様子。道外から飛行機で北海道を訪れ、列車での移動をする際に最初に目に入る場所であるためか、「ようこそ北海道へ」と歓迎のメッセージが表示される。
そのほか、モニターには四季折々の美しい北海道の風景も映し出される。
ホームは改札口・コンコースよりさらに下にあり、階段・エスカレーター・エレベーターで結ばれる。
ホーム札幌寄りはエスカレーターのみの設置となっている。
ホームは島式1面2線となっており、JR北海道唯一の地下駅である。1番のりば・2番のりばから交互に列車が発着し、常にどちらかのホームに列車が停車していることが多い。なお、JR北海道の経営改善策の1つとして、千歳線本線・石勝線を当駅経由とし、室蘭・帯広方面への特急を乗り入れさせる構想もあるが、実現にはホームの増設・拡幅が不可欠とされている。
千歳線空港支線の線路は当駅ホームのすぐ先で行き止まりになっている。この先が苫小牧・室蘭・帯広方面へ繋がる未来はあるのだろうか。将来の姿が楽しみである。

—————————————
所在地:北海道千歳市
乗入路線
千歳線(支線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください