那須塩原駅

東北新幹線と東北本線の駅、那須塩原の改札画像です。

東北新幹線駅名標。当駅は東北新幹線の関東地方最北端の駅であり、「なすの」号の一部列車が当駅始発・終着となる。
宇都宮線駅名標。当駅は宇都宮線と東北新幹線の接続駅である。新幹線開業前の当駅は東那須野という駅名で、特急停車駅である西那須野、黒磯に挟まれた急行も停車しない小駅であったが、新幹線開業時に新幹線停車駅に昇格した。
国鉄風の自立式駅名標も設置されている。
駅舎。典型的な国鉄時代に建設された新幹線駅の外観となっている。新幹線駅は高架駅、在来線は橋上駅舎となっている。
改札口。在来線改札と新幹線改札がL字型に配置されており、有人改札は新幹線と在来線で共用となっている。当駅の利用者数は栃木県内のJR駅では宇都宮、小山に次ぐ第3位である。
在来線改札口。自動改札機は2通路のみの設置となっている。
新幹線改札口。改札機は在来線改札口より多い4通路で、宇都宮・東京方面への新幹線通勤等の需要が多いことがうかがえる。画像左側の柵に挟まれた通路が有人改札である。
新幹線のりかえ口は自動改札機1通路のみの設置である。
新幹線改札内から見た新幹線改札内の様子。左側4通路が直接駅の外に出る出口改札、真ん中の通路が有人通路、一番右の改札1通路が宇都宮線へののりかえ口である。
在来線改札内から望む在来線改札口および新幹線のりかえ口。両改札はL字型の配置となっており、画像左側の緑の改札機が新幹線のりかえ口、画像右側の黒い改札口は在来線改札口である。
乗車券売り場。みどりの窓口、指定席券売機、自動券売機は全てこの部屋の中に入っている。
駅舎内部の待合スペース
在来線改札内コンコース。跨線橋部分にも待合スペースが設けられている
那須どうぶつ王国にちなみ、当駅在来線改札内のトイレ入口にはアルパカ等のイラストが描かれている。
ホームは2面3線。中線には草が生えておりあまり使用されていないことがうかがえる
新幹線改札内コンコース。広々としている
新幹線ホーム。2面3線のホームと通過線が2線ある。線路はゆるくカーブしている。

—————————————
所在地:栃木県那須塩原市
乗入路線
東北新幹線
東北本線(宇都宮線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください