浪岡駅

奥羽本線の駅、浪岡の改札画像です。

駅名標。劣化により亀裂が多数みられる。
駅舎。青森市浪岡交流センター「あぴねす」と合築となった、比較的新しい地平駅舎となっている。
改札口。有人駅であるが、集改札は行われない。当駅では2023年度をめどにSuica等の交通系ICが使用可能となる予定である。
きっぷうりばの様子。みどりの窓口があるほか、自動券売機が1台設置されている。
駅舎内部には待合室が設けられている。
待合室内部は手狭となっている。
当駅と合築の地域交流センター「あぴねす」は駅舎の面積の半分以上を占める。開館時間帯は待合室感覚で利用できる。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違いが可能である。
1番線には手書きっぽい番線標が設置されている。
当駅の跨線橋は木造のレトロ感ある造りとなっている。

—————————————
所在地:青森県青森市
乗入路線
奥羽本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください