中津川駅

中央西線の駅、中津川の改札画像です。

駅名標。当駅は中央西線における運行拠点駅の1つであり、特急しなの号を含む全列車が停車する。名古屋駅から直通の快速・普通列車はほとんどが当駅止まりである。
光らないタイプの吊り下げ式駅名標も設置されている。中央西線は当駅を境に運行形態が異なり、名古屋方面は名古屋市近郊の通勤・通学路線、塩尻方面は木曽谷の集落を結ぶローカル線となる。
自立式駅名標。当駅から名古屋方面は1時間に2〜3本程度運行されるのに対し、南木曽・塩尻方面は1時間に1〜2本程度にとどまる。また、普通列車は坂下駅や南木曽駅どまりの区間列車が存在するため、塩尻・松本方面への列車は2〜3時間空く時間帯もあり、本数が激減する。
ホームに設置されている名所案内
駅舎。鉄筋コンクリート造りの地平駅舎となっている。
改札口。自動改札機が3通路設置されている。TOICA等の交通系ICは多治見・名古屋方面のみ利用できる。南木曽・塩尻・松本方面へは、交通系ICでの乗車はできない。
当駅にはJR全線きっぷうりばがあるほか、自動券売機が設置されている。
駅舎内部には売店(Bellmart Kiosk)と待合室が設けられている。
待合室の看板は国鉄時代からのものと推測される。光るかどうかは不明である。
当駅では立ち食いそば屋が営業しており、ホーム側にもカウンターがある。
ホームは2面3線となっており、列車の折り返しに対応している。
駅構内には留置線が多数あり、広い敷地を有している。

—————————————
所在地:岐阜県中津川市
乗入路線
 中央本線(中央西線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください