中津幡駅

七尾線の駅、中津幡の改札画像です。

駅名標、七尾線では津幡駅・当駅・本津幡駅と津幡とつく駅が3駅連続で続く。
駅舎、当駅は津幡町の中心部に位置し周辺は住宅街で学校もある。しかし隣の津幡駅の方が圧倒的に金沢方面への本数が多いため当駅の利用者は少ない

中津幡 駅舎
2019年頃の駅舎、IC専用自動改札機がない為ホームの出入り口はすっきりとしている。
当駅は無人駅の為改札口は存在しない。周辺に高校がある為IC専用自動改札機設置駅となっている。

中津幡 改札
かつての駅入口、集札箱上にカメラがあり、ICOCA導入前は定期券をカメラに見せて見せて通るシステムになっていた。
中津幡 説明
利用者向けの利用案内看板(現在は撤去済み)、定期券をカメラで見るシステムは全国でも珍しい事例だった。
ホームの入口付近にはIC専用自動改札機と集札箱が設置されている。
ホームは片面1面1線の棒線駅で行違い不可。ホームは緩くカーブしている。
ホーム上には待合室が設けられている。
待合室内部、木製のベンチがあるほかは何もない。
—————————————
所在地:石川県河北郡津幡町
乗入路線
七尾線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください