村井駅

篠ノ井線の駅、村井の改札画像です。

駅名標。当駅は篠ノ井線の駅であるが、当駅に停車する列車のほとんどが塩尻以南の中央東線・中央西線との直通列車である。
駅舎。趣ある雰囲気が感じられる木造駅舎となっているが、駅前広場には車が停まっていることが多く、駅舎単体で撮影することは難しい。
近くから見た駅舎の様子
改札口。自動改札機が2通路設置されており、Suica等の交通系ICが利用可能である。交通系ICは松本までの篠ノ井線とみどり湖方面の中央東線各駅でのみ利用できる。大糸線・篠ノ井線田沢以北・中央西線・辰野支線の各駅へは利用できない。
当駅は7:30〜17:50の間のみ係員が配置され、それ以外の時間帯は無人となる。無人時間帯には、自動改札機は交通系IC専用となり、きっぷは無人駅と同様に集札箱に入れる方式となる。
きっぷ売り場の様子。みどりの窓口があるほか、自動券売機が2台設置されている。
自動券売機付近には国鉄時代からのものと思われる看板がある。
駅舎内部は待合室となっている。
待合室内部の様子。比較的手狭となっている。
駅舎からホームへは跨線橋を渡って連絡する。
ホームは島式1面2線となっている。
駅構内は比較的広くなっており、側線が複数存在する。これは、かつて当駅付近にあった油槽所に貨物列車による石油輸送が行われていたことの名残である。現在貨物列車の発着はなくなり、油槽所も解体されている。
当駅には2枚のホーロー看板がある。1枚は「整理整頓」である。
もう1枚は「指差確認」である。どちらも駅舎のホーム側に設置されており、線路があるため至近距離で見ることは難しい。

—————————————
所在地:長野県松本市
所属路線
篠ノ井線
( 中央東線)
( 中央西線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください