南小樽駅

函館本線の駅、南小樽の改札画像です。

駅名標。当駅の吊り下げ駅名標はJR西日本の駅名標に似たデザインとなっている。
自立式駅名標。小樽の観光名所のうち、オルゴール堂や北一硝子、ルタオ本店へは小樽駅より当駅の方が近い。
当駅にはホーロー縦型駅名標が設置されている
駅舎。鉄筋コンクリート製の駅舎となっている。
改札口。Kitaca等の交通系IC対応の自動改札機が設置されている。
改札機更新前の改札口の様子(2013年8月取材)。フル自動改札機ではなく、簡易改札機が設置されていたことがわかる。
当駅にはみどりの窓口があるほか、自動券売機が2台設置されている。
ホームは島式1面2線となっている。
駅舎からホームへは跨線橋で連絡する。跨線橋は2021年春まで歴史を感じさせる雰囲気のものが使用されていたが、老朽化に伴い現在は新しいものが供用開始されている。
当駅を発着する列車はほとんどが札幌近郊で運用される3両編成以上の電車であるが、取材時は偶然、小樽駅以西の「山線」区間に直通する気動車の列車を見ることができた。小樽駅をまたいで直通運転を行う列車は1日2往復にとどまる。

—————————————
所在地:北海道小樽市
乗入路線
函館本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください