美作土居駅

姫新線の駅、美作土居の改札画像です。 

駅名標。当駅は姫新線の駅としては岡山県最東端であり、隣の上月駅は兵庫県となる。
当駅から西の岡山県内は岡山支社管内となり、駅名標のラインカラーには未対応となる。
駅舎。歴史を感じさせる趣ある木造駅舎が残る。
駅舎の第一種駅名標はタイル製の駅名標になっている。
改札口、かつてのラッチ跡が残る。
改札口周辺、当駅は簡易委託駅の為、有人窓口が設置されている。
改札口の上には、木製の方面看板が設置されている。
駅舎内にタクシー会社が入居しており乗車券の購入が可能。集改札は行わない。
駅舎内には「手荷物・小荷物取扱所」「携帯品一時預り所」の表記が残る。
駅舎内部は待合室となっている。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり、行き違い不可。
当駅には、かつて通票閉塞を行っていた際の名残である通票種別表示が現在も良好な状態のまま残っている。当駅ー美作江見間は○の通票を使用していたようである。
駅舎には火気厳禁と書かれたホーロー看板が貼られていた。
別のタイプの火気厳禁の看板も残る。
「通商産業大臣指定 計量管理事業場」と書かれた看板も残っている。ちなみに通商産業大臣とは、現在の経済産業大臣のことであり、2001年の省庁再編までこの名前は使われていた。

—————————————
所在地:岡山県美作市
乗入路線
姫新線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください