松山駅

予讃線の駅、松山の改札画像です。

駅名標。当駅は愛媛県の県庁所在地・松山市のJR線における玄関口である。松山市においては、中心市街地である大街道に近い位置にある伊予鉄・松山市駅が中心駅となっており、当駅は主に岡山・高松・今治・宇和島方面への特急等での中・長距離輸送を担っている。
以前の駅名標。駅番号は、当駅以東では高松起点のYから始まる駅番号が付番され、当駅以西では当駅起点のUから始まる駅番号が付番される。
台湾の台北市にも松山駅があるが、当駅と駅名表記が同じであることから、2013年に姉妹駅締結を行った。駅舎内にはそのことを示す看板が設置されており、当駅の駅名標を模したデザインとなっている。
駅舎。三角屋根が特徴的な地上駅となっている。レトロ感ある外観の駅舎であるが、地上駅であり市街地の分断や周辺道路の渋滞を招いていることから高架化が行われる予定となっており、現在工事が進められている。
改札口。当駅は愛媛県内のJR駅では最多、JR四国管内では高松、徳島に次ぐ第3位の利用者数を誇る。四国最大の人口を擁する松山市を代表するJR駅であるが、自動改札機は導入されておらず、ICOCA等のICカードも利用できない。松山市における中心駅・松山市駅と比べると利用者数は半分以下にとどまる。
ホームは2面3線となっており、特急も停車する県庁所在地の駅としては小規模なものである。予讃線の運行拠点駅でもある当駅では、特急も含めほとんどの列車が当駅始発・終着となるが、この2面3線のホームで多数の折り返し列車を捌いている。
特急列車は岡山・高松方面のしおかぜ・いしづち号、宇和島方面の宇和海号ともに1番のりばから発着する。特急列車は1番のりばで画像のように縦列に停車するため、同一ホームでの乗り換えが可能である。
駅西側には松山運転所が併設されており、広大な構内を有する。当駅の高架化に伴い、運転所は南伊予駅付近に設けられた松山貨物駅に移転し、跡地は再開発がなされる予定である。
当駅構内には国鉄っぽいもじ鉄案件が複数存在する。1番のりばの番線標は国鉄風の行灯タイプとなっている。
2番のりばの番線標
3番のりばの番線標
出口案内看板も国鉄時代から残るものと思われる。
鉄道警察派遣所の行灯タイプ看板。他であまり見かけない看板である。
ホーム上に設置された乗車口案内の看板は手書きのものと思われる。
2・3番のりばの跨線橋階段付近に設置された「橋をお渡りください」看板。棒人間と階段のイラストが少しシュールである。
ホーム下には「線路横断禁止」と書かれているが、錆等による汚れで読み難くなっている。これらのもじ鉄案件は、高架化がなされると姿を消すものと思われるため、高架化工事が本格的に行われる前に見ておきたいものである。

当駅前には伊予鉄道市内電車のJR松山駅前電停が設けられており、当駅からは地下通路を通りアクセスする。当電停には、1系統・2系統・5系統が乗り入れ、松山市駅・大街道・道後温泉方面へは市内電車の利用が便利である。

 —————————————
所在地:愛媛県松山市
乗入路線
予讃線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください