川中島駅

信越本線の駅、川中島の改札画像です。

駅名標、快速以下の種別が停車する。なお駅名の「川中島」は、上杉謙信と武田信玄の「川中島の戦い」の「川中島」であるが、川中島古戦場は当駅から4キロほど離れており、当駅が最寄駅とは到底言い難い。
信越線のラインカラー入り駅名標。
ラインカラー入り駅名標。
駅舎。当駅は北陸新幹線の高架の真下にある。
改札口。みどりの窓口は7:20~17:20の営業であるが、11:15~12:00・13:00~14:00・15:00~15:40頃の3つの時間帯は窓口閉鎖時間となっている。
改札口周辺。券売機は2台設置されている。
待合室内部。多数のベンチが設置されている。
待合室内部。
待合室からホームへの通路。
ホームは島式1面2線のホーム。
駅名の樹モニュメント。4本の大理石によって制作されており、新幹線の高架化工事による駅舎移転の際、駅前広場に建てられた。

—————————————
所在地:長野県長野市
所属路線
信越本線
篠ノ井線)
しなの鉄道)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください