唐崎駅

湖西線の駅、唐崎の改札画像です。

駅名標。近畿エリアへの路線記号導入に伴い、ラインカラー入りの駅名標に交換となった。吊り下げ式のものは非電照の光らないタイプである。
自立式の駅名標
ラインカラー導入前の駅名標。ラインカラー導入前はJR西標準の青い駅名標だったが、現在はラインカラーの水色となっている。いずれも青系であるため、そこまで違和感はない。
西口駅舎。高架駅となっており、駅舎は高架下にある。
駅舎に取り付けられている1種駅名標は国鉄時代からのものと思われる。
東口駅舎。西口駅舎はダイレクトに道路に面しているのに対し、東口側には駅前広場がある。
西口同様、東口も国鉄時代からの駅名標が使用されている。
改札内より撮影した改札口。当駅は、改札機の間にエレベーターのある変則的な構造となっている。
切符売り場の様子。自動券売機のほか、みどりの窓口も営業している。
駅舎内にはわずかながら待合スペースが設けられている
改札外側から撮影した改札口の様子。改札機の間にエレベーターがあるため、非常に撮影し難い構造である。
改札からホームは階段またはエレベーターで移動する。
ホームは島式1面2線となっている。
ホームから東側を望んだ様子。遠く琵琶湖を望むことができる。当駅周辺は京都近郊の住宅地が広がっており、湖西線北部と比べると都市化が進んでいる。
ホームに設置されている番線標は国鉄時代から残ると思われるが、他線ではあまり見かけないタイプとなっており、湖西線独自のものと推測される。
2番のりばの番線標
ホーム階段付近に設置されたのりば案内。湖西線で比較的よく見かけるタイプで、国鉄時代より残るものと推測される。
京都方面ののりば案内。堅田・今津方面と比べると若干フォントの雰囲気が異なることがわかる。

—————————————
所在地:滋賀県大津市
乗入路線
湖西線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください