亀嵩駅

木次線の駅、亀嵩の改札画像です。

駅名標、ラインカラー対応となっている。
国鉄時代のものと思われる駅名標も残る。
木次線の駅名には古事記や日本書紀にちなむ愛称が付けられている。当駅は「少彦名命」。
駅舎、駅舎内にはそば屋が入店しており「奥出雲そば」を味わうことが出来る。
駅舎に掲げられた第一種駅名標。
駅舎内部にはかつてのラッチ跡が残る。
ラッチ跡を内部より撮影、国鉄型駅名標とラッチ跡は大変マッチして良い雰囲気である。
当駅は有人窓口がありそば屋の店員が乗車券を販売するようであるが、取材時はそば屋が大繁盛であった為窓口は閉まっていた。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可。
駅舎には「停(本屋)壱號」と書かれた木製の札があった。札の意味は取材班には残念ながら理解できなかった。

—————————————————
所在地:島根県仁多郡奥出雲町
乗入路線
木次線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください