貝田駅

東北本線の駅、貝田の改札画像です。

駅名標。福島県最北端の駅であり、隣の越河駅は宮城県となる。当駅は極限まで県境に近い位置にあり、当駅から北にわずか300m足らずで福島・宮城県境となる。
駅舎。待合室機能があるのみの小ぢんまりとした駅舎である。
改札口。無人駅でありIC専用簡易改札機設置。
出場側簡易改札機と集札箱。
待合室内部。非常に小ぢんまりとしている。
駅舎内には自動券売機ではなく乗車駅証明書発行機が設置されている
小さな駅ながらゴミ箱はきちんと置かれている
ホームは相対式2面2線。福島・宮城県境に近いため自然豊かな環境が広がり、秘境駅みが感じられる。
このように秘境感漂う当駅であるが駅のすぐ東を国道4号が、西を東北自動車道が通っており東北の陸上交通の要所となっている。
白石・仙台方面ホームへは跨線橋を渡る必要がある
福島県内の東北本線の駅でよく見られる跨線橋への駅名表示。当駅の跨線橋にも「JRかいだ」との表示がなされている
跨線橋に掲げられた白石仙台方面ホームへの案内表示から独特の趣が感じられる
白石・仙台方面ホーム上の柱には、見えづらくなっているが「いったん停止左右確認」との表示がなされている

—————————————
所在地:福島県伊達郡国見町
乗入路線
東北本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください