出雲八代駅

木次線の駅、出雲八代の改札画像です。

駅名標、ラインカラー対応となっている。
国鉄型駅名標、同タイプの駅名標は木次線内では比較的多く残っている。
木次線の駅名には古事記や日本書紀にちなむ愛称が付けられている。当駅は「手摩乳」。
駅舎、開業当時から残ると思われる木造の駅舎が現役である。
駅舎の第一種駅名標。
改札口、当駅は簡易委託駅で有人駅ではあるものの改札業務は行っていない。
改札口にはかつてのラッチ跡が今も残る。
出札所と書かれた看板が今も掲げられている。
駅舎内部、ベンチがあり待合スペースになっている。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可。
ホームには木製のベンチが置かれている。
駅舎にはJNRと書かれた国鉄時代から残る看板がある。
ホーム柱にはホーロー製の温度計が貼られていた。
駅前の駐輪場、駐輪台数は1台と利用者の少なさを物語っている。

—————————————————
所在地:島根県仁多郡奥出雲町
乗入路線
木次線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください