石見津田駅

山陰本線の駅、石見津田の改札画像です。

駅名標
駅舎。リニューアルされてはいるものの、開業当時からの木造駅舎が使用されている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない
かつての駅事務室跡地はパン屋となっているようである。残念ながら取材時は営業時間外であった。
駅舎内部は待合スペースとなっている
ホーム側から見た駅舎の様子
下り益田方面へは跨線橋を渡る必要がある。
この「橋看板」は手書きであるものと思われる。
橋看板の裏側は運賃表となっている。かつて使用されていた運賃表を転用して作られたものと推測される。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
益田方面ホームである2番のりばホーム上にも待合室が設けられている。
側面から見た待合室の様子
駅舎に隣接して便所が設けられている。
便所と駅舎の間のスペースは庭のようになっている。

—————————————
所在地:島根県益田市
乗入路線
山陰本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください