石鳥谷駅

東北本線の駅、石鳥谷の改札画像です。

吊下式駅名標
自立式駅名標
当駅には白地に黒文字タイプのホーロー製縦型駅名標が設置されている。
当駅設置の名所案内。南部杜氏の里のイラスト入りとなっている。
駅舎。大きな屋根が特徴的な古民家風の風情がある木造駅舎となっている。
改札口。有人駅となっており、係員による集改札が行われる。
きっぷ売り場の様子。みどりの窓口があるほか、自動券売機が設置されている。
みどりの窓口に書かれた「きっぷ売場」の文字は国鉄っぽい手書き文字となっっている。
駅舎内部は待合室となっている。
ホームは2面2線となっている。かつては2面3線構造を有していたと思われ、中線を撤去した痕跡が見られる。
当駅の跨線橋はレトロな雰囲気が感じられる。
当駅には看板マニア必見のもじ鉄案件が多数存在する。1番線に設置されている番線標は国鉄時代からのものと思われる行灯タイプである。
2番線の番線標も1番線同様に行灯タイプである
1番線花巻・北上方面の方面看板。手書きとなっている。
1番線の方面看板は複数枚設置されている
2番線盛岡方面の方面看板。花巻・北上方面と同様に手書きとなっている。
跨線橋内には通過列車に注意するよう啓発する看板が設置されており、こちらも手書きであると思われる。
3番線用の通過列車注意看板。3の字に被せるように2の字の跡が残っている。これは、中線の廃止に伴い、3番線を2番線に変更したため、元々3番線用に設置された看板の3の字を上から隠すように2の字のステッカーを貼ったが、2の文字が剥がれた結果元々の3の字が見え、2の字の痕跡のみが残ったものと思われる。
2番線ホーム側の跨線橋出入口付近には通過列車に注意するよう啓発する手書き看板が設置されている。在来線における大動脈である東北本線では貨物列車も比較的多く運行されるため、通過列車には注意したい。

—————————————
所在地:岩手県花巻市
乗入路線
東北本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください