稲穂駅

函館本線の駅、稲穂駅の改札画像です。

駅名標
当駅にもホーロー縦型駅名標が設置されており、札幌市内の駅であることを示す[札]マークが入っている。
南口駅舎。小ぢんまりとした小屋のような建物であり、小樽・倶知安方面専用の駅舎である。
2014年9月取材時の南口駅舎。駅舎の外観がリニューアルされたことが伺える。
南口改札。無人駅となっており、Kitaca等の交通系IC対応の簡易型自動改札機と簡易型自動券売機1台が設置されている。小樽・倶知安方面ホーム専用の改札口であり、手稲・札幌方面へは北口改札へ回る必要がある。
改札機更新前の南口改札。改札機更新前は切符専用・IC専用の簡易改札機がそれぞれ別に設けられていた(2014年9月取材)
待合スペースとして小樽・倶知安方面ホーム上にベンチが置かれている。
北口駅舎。小ぢんまりとした小屋のような建物であり、手稲・札幌方面専用の駅舎である。
2014年9月取材時の北口駅舎。駅舎の外観がリニューアルされたことが伺える。
北口改札。無人駅となっており、Kitaca等の交通系IC対応の簡易型自動改札機と簡易型自動券売機1台が設置されている。手稲・札幌方面ホーム専用の改札口であり、小樽・倶知安方面へは南口改札へ回る必要がある。
改札機更新前の北口改札。改札機更新前は切符専用・IC専用の簡易改札機がそれぞれ別に設けられていた(2014年9月取材)
北口駅舎内にも簡易型自動券売機が設置されている。
待合スペースとして手稲・札幌方面ホーム上にベンチが置かれている。
ホームは相対式2面2線となっている。当駅は跨線橋・構内踏切等がないため、改札内でのホーム同士の行き来はできない。ホーム同士の行き来を行う際は一旦改札口を出て当駅の横にある踏切を渡る必要がある。
当駅に隣接してJR北海道の車両基地である札幌運転所がある。札幌運転所では札幌近郊で使用される近郊型車両や「カムイ」「ライラック」等に使用する特急型車両等の検査・留置が行われる。
当駅のホームからは札幌運転所に留置される車両の姿などを見ることができる。なお、札幌運転所へ通じる線路は当駅ではなく隣の手稲駅へ通じているため、手稲駅を始発・終着とする列車が多い。
2014年9月取材時の札幌運転所構内の様子。現在では引退して見ることの出来ない車両の姿が確認できる。

—————————————
所在地:札幌市手稲区
乗入路線
函館本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください