恵良駅

久大本線の駅、恵良の改札画像です。

駅名標。大分地区でよく見かけるメイリオフォント使用のものに近年交換された。当駅が最寄りの「竜門の滝」のイラストが入っている。
手書きの駅名標も残っているが、かなり色褪せており表示が読み難くなっている。
ホーム上に設置されている手書きの名所案内看板。駅名標にイラストも入っている「竜門の滝」も書かれている。
駅舎。酒蔵をモチーフとした真新しい地平駅舎は、旧駅舎が火災により消失したことを理由に2015年に改築されたものである。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎は「九重町先哲史料館」と合築のものとなっている。
駅舎内部は待合室となっている。新しい駅舎であることもあり、明るく清潔感のある空間となっている。
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎側ホームの柱には「指差呼称」の手書き看板がひっついていた。
また、駅舎のホーム側には国鉄風もどきの駅名標が設置されている。
ホームは相対式2面2線となっている。
ホーム上には木造の待合室が設けられている。
ホーム同士の行き来は構内踏切にて行う。
駅舎反対側のホームにはかつて線路があったと思われる痕跡があり、かつては2面3線構造を有していたと思われる。
さらにホームの由布院・大分方面には切り欠きホームの跡が残る。当駅からは1984年まで宮原線が分岐しており、その名残であるものと思われる。

—————————————
所在地:大分県玖珠郡九重町
乗入路線
久大本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください