同志社前駅

同志社大学京田辺キャンパスの最寄り駅、同志社前の改札画像です。

駅名標。駅名の通り、同志社大学京田辺キャンパスの最寄り駅である。ラインカラーは近年直通するJR東西線のカラーに統一された。京橋方面からの列車は半分が当駅で折り返す。
ラインカラー変更前の駅名標、ラインカラーは黄緑だった。
駅舎。時計台のあるエレベーターが特徴的な地平駅舎は駅前広場より少し高い位置にある。
駅周辺の歩道橋の柱には「同志社前」と独特の書体で書かれている。なお、この歩道橋は近鉄京都線興戸駅方面と同志社大学京田辺キャンパスを結ぶ歩道橋である。
改札口。同志社の学生が利用するためか、改札機の台数は多くなっている。
かつては当駅の改札機は簡易型自動改札機であった。
当駅の切符売り場には自動券売機のほかみどりの券売機が設置されている
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。対面にはホームと線路が残っているが現在は使用されていない。かつては当駅を含む片町線京田辺ー木津間は4両編成で運転されており、7両対応となった現在のホームと比べると旧ホームの長さは短い。
旧ホームへは構内踏切を渡り移動していたと思われ、現在も構内踏切の跡が残っている。
当駅から京橋方面を望むとレンガ造りの短いトンネルがあるが、これは天井川である防賀川であり、片町線は防賀川の下をトンネルで通過している。なお、京田辺市内には防賀川以外にも天井川が複数存在する。

—————————————
所在地:京都府京田辺市
乗入路線
片町線(学研都市線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください