美馬牛駅

富良野線の駅、美馬牛の改札画像です。

駅名標。美しい馬と牛という北海道っぽさが感じられる駅名であるが、駅周辺に馬や牛の姿は特に見当たらない。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。赤いトタン屋根が特徴的な小ぢんまりとした木造駅舎となっている。
駅舎。赤いトタン屋根が特徴的な小ぢんまりとした木造駅舎となっている。
1種駅名標は手書きであるものと思われる。
当駅は美瑛町と上富良野町の境界付近に位置しており、駅周辺には四季彩の丘をはじめとする観光名所が点在する。当駅は深山峠の麓にあり、高原の駅の趣が感じられる。
ホーム側から見た駅舎の様子
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内部。座布団の敷かれたベンチが置かれている。
駅舎内部の様子。広々とした待合スペースとなっている。
ホームは相対式2面2線となっており、行き違いが可能である。ホームは千鳥式の配置となっている。
駅舎ホーム側には木製の手書き看板が複数設置されている。
木製の手書き駅名標。木を輪切りにしたものをそのまま使用しているものとなっている。
旭川方面ののりば案内。駅名標同様に木製・手書きで、木を輪切りにしたものをそのまま使用しているものと推測される。
富良野方面ホームへは構内踏切を渡って移動する。
草に埋もれているが、駅構内には側線の跡が残る。
駅構内には手書きと思われる看板が設置されている。

—————————————
所在地:北海道上川郡美瑛町
乗入路線
 富良野線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください