美唄駅

函館本線の駅、美唄の改札画像です。

駅名標。吊り下げ式駅名標はJR西日本の駅名標に似たデザインの駅名標となっている。当駅は特急カムイ・ライラック・オホーツク・宗谷が停車する、函館本線札幌ー旭川間における主要駅の1つである。
自立式駅名標は、JR北海道においてメジャーな、JR東日本に似たデザインの駅名標となっている。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標も設置されている。
駅舎。橋上駅舎となっている。
改札口。自動改札機が3通路設置されている。当駅ではKitaca等の交通系ICは利用不可能となっている。
切符売り場周辺。みどりの窓口と自動券売機が設置されている。
駅舎内部には待合室が設けられている
駅舎には東西自由通路が併設されている。
自由通路内部にもベンチが設置されており、待合スペースとしても利用可能。
自由通路1F部分の様子
ホームは相対式2面2線となっており、上下線間にはホームのない中線もある。
当駅ホームの旭川寄りには謎の看板が設置されている。
「稚内 サハリン近い 競泳だ」と書かれているが、稚内からサハリンまで競泳できるのかは疑問である。
「流氷に バイク走らせ 夢のせて!!」謎のキャッチコピーとシロクマのイラストが味わい深い。なお、これらの看板は地元の焼き鳥店が設置しているものである。美唄は室蘭と並び道内では焼き鳥のまちとして有名である。

—————————————
所在地:北海道美唄市
乗入路線
函館本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください