足利市駅

東武伊勢崎線の駅、足利市の改札画像です。

駅名標。当駅は東武線における足利市の代表駅である。JR両毛線の足利駅は、当駅から見て渡良瀬川の対岸にあり、徒歩15分ほどで連絡可能である。
駅舎。高架駅となっており、高架下に駅舎がある。
改札口。PASMO等の交通系IC対応の自動改札機が設置されている。当駅の利用者数は、以前はJR足利駅を上回っていたが、近年はJR足利駅と同程度の利用者数となっている。
きっぷ売り場の様子。自動券売機があるほか、窓口で定期券や特急券等の購入が可能である。
当駅高架下には、コンビニや居酒屋、足利市観光案内所が入居している。なお、足利学校やあしかがフラワーパーク等の観光名所は、東武線側ではなくJR線側に多く存在する。
当駅の改札内には、りょうもう号やスカイツリートレインを模したと思われる謎のモニュメントが設置されている。
当駅の待合スペースは、改札内にあり、改札からホームへ向かう途中の中2階に設けられている。
ホームは島式1面2線となっており、列車の行き違いが可能である。また、ホームと接していない側線が1線設けられている。
当駅構内には、「構内勾配転動防止」のホーロー看板が設置されている。

————————————————–
所在地:栃木県足利市
乗入路線
東武伊勢崎線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください