青原駅

山口線の駅、青原の改札画像です。

駅名標。ラインカラーには非対応である。
駅入口。当駅は盛土上に位置しており、ホームはかなり高い場所に位置している。駅前広場からは画像の通り長い階段を上る必要がある。
駅前広場から見上げた当駅の待合室の様子
待合室の外壁には青地に白字の駅名標が取り付けられている
ホーム側から見た駅出入口の様子。無人駅であり改札口は存在しない。階段わきには集札箱が置かれている。
駅前には大きな碑が建てられている。
階段のほか、駅前広場から続く坂道を登ってもホームへ行くことができる。
ホームは相対式2面2線で行き違い可能なように見えるが…
反対側ホームの線路は本線と繋がっておらず、交換設備は廃止されている。そのため、実質1面1線の棒線駅として運用されている。
当駅で列車の交換が可能であった頃、使用されていた構内踏切の跡。無論、現在は反対側ホームから発着する列車は存在しないため、使用されていない。
反対側ホームに残っている待合室の跡。現在はホームが廃止されているため立ち入ることはできない。
ホーム上には待合室が設けられている。
待合室内部の様子
待合室内部の様子

—————————————
所在地:島根県鹿足郡津和野町
乗入路線
山口線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください