現川駅

長崎本線の駅、現川の改札画像です。

駅名標。国鉄風デザインの比較的新しい駅名標が設置されている。
また、国鉄風デザインの手書き駅名標も設置されている。
駅全景。当駅には駅舎と言える建物はなく、ホームと跨線橋・待合所のみの構造となっている。
改札口。当駅は無人駅となっており、駅出入口付近にIC専用簡易改札機と集札箱が設置されている。
簡易改札機の近くには自動券売機を設置するための小屋のようなものがある。
自動券売機小屋の看板は手書きっぽいフォントとなっている。
ホームは相対式2面2線となっている。上下線ホームの間には通過線が1線あり、特急かもめ号等の通過列車が使用する。
当駅の番線標は手書きホーロー看板となっている。
2番のりばのホーロー番線標。1番のりばのものと比べると錆び付いている。
ホームには当地発祥の焼き物である「現川焼」のイラストと地図入りの古い看板が設置されている。経年劣化により地図はかなり読み難くなっている。
跨線橋には「きけん 電線注意」と書かれた看板が取り付けられている。当駅の跨線橋には屋根がないため、電線に触れないよう注意したいが、そもそも電線に触れようとすること自体、柵を乗り越えようとする必要があるため難易度が高いようにも思える。

—————————————
所在地:長崎県長崎市
乗入路線
長崎本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください