富岡駅

常磐線の駅、富岡の改札画像です。

駅名標。当駅ー浪江間は東日本大震災の影響で不通となっている。隣駅の「夜ノ森」駅の表示は現在は隠されている。2020年春に全線運転再開予定。
駅舎。当駅の駅舎は2017年の当駅までの運転再開に伴い新築されたものである。旧駅舎は震災時に津波で流失し、原発事故の影響で当駅周辺は長らく立入禁止であった。当駅は内陸移設は行われず、以前の駅から北に100mほど移設されたのみである。
駅舎には売店「さくらステーションKINONE」が併設されている。
駅前のロータリーからは当駅ー浪江間の不通区間の代行バスが発着する。
改札口。有人駅となっている。Suica等の交通系ICは利用不可。発車標はいわき方面のみならず、原ノ町方面のものも準備がなされている。2020年春の当駅ー浪江間の運転再開に向け、静かに出番を待っている。
券売機周辺。震災前と異なりみどりの窓口はなく、指定席券売機で指定券を購入する。また、改札口周辺には現在の放射線量を表示する線量計が設置されている。取材時の放射線量は0.064μSv/h。他地域の自然放射線量と大差ない数値である。
駅舎内部。運行状況・時刻表を表示するモニターとベンチが置かれている。
ホームは2面3線。取材時は当駅ー浪江間の復旧に向け工事が行われていた
ホームより浪江・原ノ町方面を望む
浪江・原ノ町方面を望む。当駅ー浪江間は震災で被災した路線で最後に復旧する区間。福島第一原発にかなり近接しているため、放射線量が高く工事に時間がかかった。
当駅以南、いわき・水戸方面を望む。かつてはこの付近に駅があった。奥に見える煙突は東京電力福島第二原発の煙突。福島第二原発は当駅と竜田駅の間、富岡町と楢葉町にまたがって立地しており、第一原発同様首都圏に電気を送っていた。
震災前、この地を「スーパーひたち」として走り、仙台と上野を結んでいた651系。現在は各駅停車として、いわきー当駅間の一部列車に使用されている。
あの日、駅を押し流す濁流が押し寄せた当駅の海側。震災から8年以上経った今でも工事の槌音が響く。

—————————————
所在地:福島県双葉郡富岡町
乗入路線
常磐線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください