ときわ台駅

板橋の田園調布、ときわ台の改札画像です。

駅名標
北口駅舎。リニューアルが行われ、開業当時の姿に復原された。当駅の駅舎は大谷石を使用した東上線で最も歴史ある駅舎である。
リニューアル前の北口駅舎。当駅北口には「板橋の田園調布」と呼ばれる高級住宅地・常盤台住宅地が広がる。リニューアル前もリニューアル後の今も、開業当時からの駅舎は高級住宅地の雰囲気と非常にマッチしており大変趣深い。
現駅舎の駅舎入口付近。大谷石のベージュの色合いが上品さを感じさせる。駅舎に掲げられた駅名標は東上線や伊勢崎線の通常タイプとは異なっている。
駅舎内部の天井は格子状の造りとなっている。また、壁には細長い明かり取りの窓が3箇所あり、貝のような形の照明も取り付けられている。
柱と屋根を接続する部分の形は羽根のような独特な形をしている
改札内の屋根の支柱は大きさの違う円がいくつも連なるような形となっており、歴史ある駅舎らしい芸の細かな装飾がなされている
駅舎外側には「武蔵常盤小径」というコーナーがあり、ときわ台の駅や住宅地についての解説がなされたパネルが展示されている。
ときわ台駅についての解説
常盤台住宅地の街づくりについての解説。東武沿線や板橋区では有数の高級住宅地である常盤台住宅地は「板橋の田園調布」とも称され、田園調布の街並みとも比較されることがあるが、田園調布ともまた違った街づくりが特徴である。
常盤台住宅地についての解説。
北口改札。駅舎リニューアルに伴い、改札機の色が変更されている。東上線駅に設置されている改札機は通常切符対応機は青色、IC専用機はピンク色であるが、当駅の改札機はどちらも茶色で、IC専用機は読取り部付近のみピンク色となっている。
リニューアル前の北口改札。東上線の通常タイプである切符対応機は青、IC専用機はピンクの改札機が導入されていた。
北口駅舎の券売機
南口駅舎。南口側の駅舎は駅ビルとなっており、駅ビルの2Fに改札がある。南口駅舎はリニューアルはなされておらず、駅名標が交換された程度である。
以前の南口駅舎。現在とほとんど変化はない。南口側は北口側とは対照的に、東上線らしい庶民的な街並みが広がる。
南口改札
ホームは島式1面2線である

————————————————–
所在地:東京都板橋区
乗入路線
東武東上線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください