遠浅駅

室蘭本線の駅、遠浅の改札画像です。

駅名標。「とおあさ」と読みたくなるが、当駅は「とあさ」と読む。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。近隣の植苗駅と似たデザインであるが、屋根の色が赤くなっており、色が異なる。
駅舎に掲げられた駅名表示からはそこはかとなく国鉄の雰囲気が感じられる。
駅舎内部。無人駅となっており改札口は存在しない。かつての窓口跡は封鎖されている。
駅舎内部。待合室となっているが、ベンチの脚数は多くない。
ホームは相対式2面2線となっている。ホーム配置は上下線が千鳥配置となった、北海道でしばしば見られるスタイルとなっている。
駅構内の苫小牧寄りには、かつての貨物ホーム跡と思われる遺構も残る。
貨物ホーム付近には、通行禁止と書かれた、木製の看板が立てられている。
当駅から苫小牧方面を望む。当駅を含む室蘭線の沼ノ端ー岩見沢間は、1日6往復の普通列車が主体のローカル線であるが、かつて石炭を積んだ貨物列車が運行された名残から、複線区間となっている。

—————————————
所在地:北海道勇払郡安平町
乗入路線
室蘭本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください