竜野駅

山陽本線の駅、竜野の改札画像です。

駅名標。駅名の由来となった龍野の中心市街地へは姫新線・本竜野駅の方が近い。
駅舎。山陽本線の兵庫県内では珍しくなった、明治時代から残る木造駅舎となっている。
改札口。ICOCAが使用可能であり、簡易型自動改札機が設置されている。以前は扉付きの自動改札機が設置されていたが、現在は簡易型に格下げとなった。
きっぷ売り場。みどりの窓口があるほか、自動券売機も設置されている。
駅舎内には待合スペースが設けられている
ホームは相対式2面2線。かつては中線があったようであるが現在は線路が剥がされホームには柵がなされている。また、跨線橋はその造りから古くから残るものと思われ…
跨線橋の床は板張りとなっており、歴史を感じさせる雰囲気が漂う。
当駅には看板マニア必見のもじ鉄案件が複数存在する。当駅駅舎入口付近には手書きと推定される「宣伝活動禁止」看板がある。
駅舎側・1番のりばの柱には、相生・岡山・播州赤穂方面と書かれた方面看板がある。
また、1番のりばの番線標は木製・手書きのものと推定される。

—————————————
所在地:兵庫県たつの市
乗入路線
山陽本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください