登戸駅

南武線と小田急線の駅、登戸の改札画像です。

南武線駅名標
南武線駅舎。橋上駅舎となっている。小田急線の駅とは連絡通路で結ばれる
南武線改札口。小田急線との乗換駅であり利用者数が多いため、改札機の台数も多い。
小田急線駅舎。小田急線側は高架駅となっており、代々木上原ー当駅間は複々線である。
小田急線中央改札口。藤子ミュージアム最寄駅のため藤子キャラが描かれたボードがある
小田急線中央改札口。1枚目と合わせL字型に配置されている。
小田急線北口改札。出口専用となっている
藤子ミュージアム最寄駅のため当駅のJR線駅舎前にはドラミの像がある
藤子ミュージアムへは当駅前広場から藤子キャラが描かれたバスでアクセスする

—————————————————
所在地:川崎市多摩区
乗入路線
■ 南武線
小田急小田原線

座間駅

小田急線の駅、座間の改札画像です。

駅名標
駅舎。橋上駅舎となっている。
改札口
ホームは相対式2面2線。

—————————————————
所在地:神奈川県座間市
乗入路線
小田急小田原線

世田谷代田駅

小田急線の駅、世田谷代田の改札画像です。

○駅名標


○駅舎
代々木上原ー梅ヶ丘駅間の複々線化・地下化に伴い、新駅舎が2017年3月に完成した。
当駅のホームは地下にあるが、駅舎は地上にある。
世田谷代田駅舎

世田谷代田 駅舎

○改札口
改札口は地上にあるここ1箇所のみである。
小田急では珍しくオムロン製の改札機が導入されている。
世田谷代田改札

コンコースは広々とした明るい空間となっている。
コンコースには小田急環境ルームが設けられている。
世田谷代田駅舎内部


地下2F部分。現在はホームへの中継点となっているが、
複々線化完成後はこの地下2F部分が本設のホームとなる予定である。
世田谷代田連絡通路階

世田谷代田連絡通路

当駅地下2Fより撮影した工事中の線路の様子。将来はこの部分に当駅のホームができる。
この線路は複々線化後に「緩行線」として使用され、主に各駅停車が使用する。
世田谷代田緩行線工事

地下3F部分。現在は当駅の仮設ホームが設置されている。
複々線化完成後は通過線となり、当駅のホームは撤去される。
世田谷代田仮設ホーム

写真手前側のトンネルの断面は四角形であるが、奥側は円形となる。
円形で壁が白くなっている部分が、トンネル掘削に使用したシールドマシンの
外殻の部分で、当駅の下り仮設ホームの新宿寄りで見ることができる。
中身は回収し、外殻だけが埋められ、小田急線のトンネルとして再利用されている。
世田谷代田シールドマシン

この部分は、複々線化後は急行線となるため、当駅では通過線となる。
そのため、複々線化後はシールドマシンの外殻を間近で見ることは不可能となる。
シールドマシンの外殻を間近で見ることができるチャンスは、あとわずかである。
世田谷代田シールドマシン内部

—————————————
所在地:東京都世田谷区
乗入路線
 小田急小田原線

新百合ヶ丘駅

小田急小田原線と多摩線の駅、新百合ヶ丘の改札画像です。

○駅名標
通称「しんゆり」。当駅は小田原線と多摩線の分岐駅となっている。
当駅は多摩線開業に伴い開業した比較的新しい駅である。

小田原線
急行・快速急行のほか、一部のロマンスカーが停車する主要駅である。
新百合小田原駅名

多摩線
多摩線は当駅が起点である。小田原線・千代田線に乗り入れる急行を除いた、
各駅停車は大半が当駅ー唐木田間の多摩線内をピストン輸送している。
新百合多摩線駅名

○駅舎
当駅周辺は川崎市麻生区の中心部として多くの商業施設が立ち並ぶ。
新百合駅舎

新百合南駅舎

○中央西改札口
当駅は小田急線全駅で9位の利用者数を誇る。
新百合中央西

新百合中央西右

○中央東改札口
新百合中央東

—————————————
所在地:川崎市麻生区
乗入路線
小田急小田原線
小田急多摩線