糸魚川駅

フォッサマグナとヒスイの街、糸魚川の改札画像です。

新幹線駅名標。当駅は新潟県にありながらJR西日本管轄となっている。新幹線ははくたか号のみが停車し、かがやき号は当駅通過となる。
在来線駅名標。えちごトキめき鉄道の様式になっている。
日本海口駅舎。JRマークが外されている。
アルプス口駅舎。ヒスイとフォッサマグナの地層をモチーフとしたデザインである。
新幹線改札。富山駅や金沢駅と異なり3色LEDの発車標が導入されている。

在来線改札。自動改札は導入されておらず、有人通路での対応となる
在来線ホームは2面3線。一部列車が当駅を始発・終着とする。
大糸線ホームは切り欠き式。大糸線の当駅ー南小谷間は全国有数の閑散区間である。 

かつて当駅の名物として親しまれた赤レンガ車庫。 新幹線建設に伴い多くの人に惜しまれつつ取り壊された。 しかし車庫の一部保存が決まり、こうして新幹線駅舎前で大糸線より引退したキハ52とともに大切に展示されている。
糸魚川のシンボル「奴奈川姫(ぬながわひめ)」の銅像が駅前に建立されている。

—————————————
所在地:新潟県糸魚川市
所属路線
北陸新幹線
大糸線
日本海ひすいライン

松本駅

信州の主要都市・松本の玄関口、松本の改札画像です。

駅名標。当駅にはJRは篠ノ井線と大糸線の2路線が乗り入れる。信州の一大ターミナル駅である当駅は到着時に「まつもとぉ〜」(←クリックすると音が出るため注意)と特徴的なアナウンスが流れることで知られる。
大糸線駅名標。大糸線は当駅と糸魚川を結び、当駅が起点である。大糸線は訪日外国人観光客が多いため駅番号・四ヶ国語表記が導入されている。
アルピコ交通上高地線駅名標。アルピコ交通は大糸線ホームの向かい側7番線より発着。改札は分離されておらず、当駅はJR東日本とアルピコ交通の共同使用駅である。
松本アルピコ駅名
ナンバリング導入前のアルピコ交通駅名標
駅舎。橋上駅舎となっており、駅ビル「MIDORI」が入居する
改札口。Suica・PASMO等交通系IC対応の自動改札機が導入されている。Suica等の交通系ICは篠ノ井線塩尻方面および中央東線甲府方面へのみ利用可能。大糸線、篠ノ井線長野方面、中央東線辰野支線、中央西線へは利用不可なので注意。
自由通路
ホームは4面8線。大糸線とアルピコ交通のホームは他のホームと若干離れている。
当駅は信州の主要都市・松本の玄関口として多くの列車が当駅を始発・終着とする。
当駅には隣接して松本車両センターがあり、多くの車両が留置されている。
車庫があるため当駅構内では列車の入換を行う光景等も見ることができる

—————————————
所在地:長野県松本市
所属路線
篠ノ井線
( 中央東線)
( 中央西線)
大糸線
 アルピコ交通上高地線

南大町駅

大糸線の駅、南大町の改札画像です。

駅名標。駅番号が設定されている。
駅舎。ホーム上にログハウス風の待合室があるのみである。
ホームには駅舎を通らず直接出入りすることができる
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可
ホームから松本方を望む

 —————————————
所在地:長野県大町市
所属路線
大糸線

信濃大町駅

立山黒部アルペンルートの信州側玄関口、信濃大町の改札画像です。

駅名標。大糸線は訪日外国人観光客の利用が多いため駅番号が設定されている
信濃大町 駅名標
駅番号導入前の駅名標
写真入り駅名標。北アルプスの山々の写真入りである。
長野支社オリジナル駅名標。駅番号は入っていない。
跨線橋に掲げられた木製の国鉄型駅名標。大変趣深い。
駅舎。山小屋風のデザインの駅舎は見かけによらず近年改築されたものである。
当駅は立山黒部アルペンルートの信州側玄関口であり、夏季は登山客が多く利用する。
改札口。扉付き自動改札機が設置されているが、Suica等の交通系ICは使用できない。
松本駅以南では使用できるため、そのまま当駅まで乗ってこないよう気をつけたい。
ホームは2面3線。そのほか留置線等が多数ある。
当駅は大糸線の主要駅であり、普通列車を中心に当駅始発・終着列車が多い。
ホームの様子
ホーム上にはなぜか太鼓が置かれている。

—————————————
所在地:長野県大町市
所属路線
大糸線

北大町駅

大糸線の駅、北大町の改札画像です。

駅名標。大糸線内はナンバリングが導入されている。
待合室には国鉄型の駅名標も残る。
駅全景、ホーム上に待合室があるのみのシンプルな作りの駅。
ホーム、1面1線の単式ホームを有する。
待合室内部、券売機等の設備はない。

 —————————————
所在地:長野県大町市
所属路線
大糸線