小山駅

宇都宮線の駅、小山の改札画像です。

東北新幹線駅名標。当駅の新幹線利用者は大部分が東京方面への通勤・通学利用である。
そのため、一部の「やまびこ」号と「なすの」号が停車するのみである。
仙台以北の盛岡・新青森方面へは宇都宮や郡山等途中駅での乗り換えが必要である。
東北本線(宇都宮線)駅名標。当駅は東北新幹線、水戸線、両毛線との乗換駅である。
水戸線駅名標。水戸線は当駅が起点駅であり、友部駅に至る。
両毛線駅名標。両毛線は当駅を起点とし、栃木、桐生、伊勢崎を経由し新前橋に至る。
駅舎。東北新幹線は高架駅、在来線は橋上駅となっている。
当駅の駅舎は東北新幹線高架下に駅ビル「VAL」がある。
改札口。改札口はここ1箇所である。かつては改札が2箇所あったが1箇所閉鎖された。
当駅の利用者数は栃木県下では宇都宮駅に次ぐ第2位。改札機の台数も多い。
新幹線乗換改札。当駅には新幹線単体の改札はなく、一度在来線改札を通る必要あり。
在来線改札や宇都宮線・水戸線ホームから両毛線ホームへは若干距離がある。
新幹線乗換改札の横に両毛線ホームへの案内がある。この通路を通過し…
両毛線沿線の観光案内がなされている突き当たりの壁を左折し…
両毛線ホームへのエレベーターと階段が現れ…
降りた先が両毛線ホームである。このようにたどり着くまでに若干時間がかかる。
時間に余裕がない場合や、足が悪く歩くのに時間がかかる場合等、乗り遅れに注意。
両毛線ホーム入口には両毛線沿線の観光地や名物をあしらったかわいらしい路線図がある。
それでは皆様、両毛線で良い旅を。両毛線各駅の情報収集は両毛線全駅掲載の当サイトで。

—————————————
所在地:栃木県小山市
乗入路線
東北新幹線
東北本線(宇都宮線)
水戸線
両毛線

前橋駅

群馬県の県庁所在地、前橋の改札画像です。

駅名標。当駅は群馬県の県庁所在地・前橋市の玄関口である。
南口駅舎。高架駅となっている
北口駅舎
改札口。当駅の利用者数は群馬県内のJR駅では高崎駅に次ぐ第二位である。
ホームは2面3線となっている

————————————————–
所在地:群馬県前橋市
乗入路線
両毛線

前橋大島駅

両毛線の駅、前橋大島の改札画像です。

駅名標。当駅は1999年に開設された、両毛線では2番目に新しい駅である。
駅舎。橋上駅舎となっている
改札口。IC専用簡易改札機が設置されている
ホームは相対式2面2線である。

————————————————–
所在地:群馬県前橋市
乗入路線
両毛線

駒形駅

両毛線の駅、駒形の改札画像です。

駅名標
駅舎。2011年に供用された新しい橋上駅舎である。
改札口周辺
改札口。橋上駅舎化に伴い扉付きの自動改札機が設置された。
ホームは2面3線…だが、中線は旅客列車の発着は無く回送列車等が使用するのみである。
そのため、ホームの中線側には柵が設けられ、実質2面2線で運用されている。

————————————————–
所在地:群馬県前橋市
乗入路線
両毛線

伊勢崎駅

両毛線と東武伊勢崎の駅、伊勢崎の改札画像です。

両毛線駅名標。当駅は東武伊勢崎線との接続駅であり、伊勢崎市の中心駅である。
両毛線は一部列車が当駅を始発・執着とする。
駅舎。2013年に完成した真新しい高架駅である。
JR線改札口。扉付きの自動改札機が設置されている。
当駅の利用者数は群馬県内のJR駅では高崎、前橋、新前橋に次ぐ4位である。
東武伊勢崎線改札口。扉付きの自動改札機が設置されている。
JR線のホームは2面3線。中線は上下線ホーム両方に接している。
浅草より続く東武伊勢崎線は当駅が終点である。浅草から当駅までの距離は114.5km。
これは、旧国鉄・JR・3セクを除いた純民間私鉄の路線としては最長の距類である。

————————————————–
所在地:群馬県伊勢崎市
乗入路線
両毛線
東武伊勢崎線