新河岸駅

東武東上線の駅、新河岸の改札画像です。

駅名標。「新河岸」と書いて「しんがし」と読み、地味に難読駅名となっている。
駅名は駅付近を流れる新河岸川に由来するものである。
駅舎。2017年に橋上化され、これまで出口のなかった東口が新設された。
改札口
改札内コンコース。間接照明が使用されお洒落な空間となっている
トイレ付近の壁には壁面緑化もなされている
駅名の由来となった新河岸川はかつて江戸と川越を結ぶ舟運に利用された。
当駅構内には当時の貴重な資料のレプリカが展示されている
ホームは島式1面2線。取材当時は西口駅舎とホームの間に広大な空き地があった。
この場所には東武が駅ビルを建設する予定となっている。
新河岸駅舎
以前の駅舎。三角屋根が特徴的なレトロな駅舎であり、西口のみ開設されていた。
新河岸改札
以前の改札口

————————————————–
所在地:埼玉県川越市
乗入路線
■ 東武東上線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください