新堂駅

関西本線の駅、新堂の改札画像です。

駅名標
開業当時からの歴史と趣ある駅舎が残るが、新駅舎がホーム上に建設されたため、現在は旧駅舎として解体されずに待合室として使用されている。
旧駅舎改札跡。現駅舎建設前は改札口として使用されていたと思われる。
旧駅舎窓口跡
旧駅舎内部。現在は待合室として使用されている。
旧駅舎入り口に掲げられた駅名表記。歴史と趣が感じられる。
現駅舎はホーム上に建てられている。
駅全景。跨線橋は自由通路となっており、現駅舎へは跨線橋を通りアプローチする。
ホームへは跨線橋を渡り、現駅舎を通って入る構造となっている。
跨線橋から見たホームの様子。画像左の建物が現駅舎、右の建物が旧駅舎である。
かつては旧駅舎側にホームがあり2面3線での運用だったが、現在は旧駅舎側の線路は撤去され、島式ホームでの運用となっていることがわかる。
現駅舎改札口。窓口で乗車券の購入が可能である。窓口営業時間は6:00〜17:00。
ホームの様子。前述の通り現在は島式1面2線での運用である。

————————————————–
所在地:三重県伊賀市
乗入路線
■ 関西本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください