南小谷駅

大糸線の会社境界駅、南小谷の改札画像です。

駅名標。当駅はJR東日本とJR西日本の境界駅かつ電化・非電化の境界駅である。
当駅以南は東日本管轄で電化区間、当駅より北は西日本管轄で非電化区間である。
そのため大糸線のすべての列車が当駅を境に系統が分断され、当駅で乗り換えとなる。
駅番号導入前の駅名標
自立式駅名標。大糸線は訪日外国人客の利用が多いため駅番号が設定されている。
大糸線の駅番号はJR東日本管轄である当駅以南にのみ導入されており、
当駅の番号が最も若いが、起点の糸魚川駅からカウントし「9」から始まっている。
西日本区間の各駅に「1」〜「8」までの駅番号が付番される予定は今の所ない。
写真入り駅名標。雨飾山の写真が入っている
駅舎。近年リニューアルされた清潔感ある駅舎である。
1日1往復、新宿方面から当駅まであずさ号が乗り入れる。
改札口。JR東日本管轄であり、有人の直営駅となっている。
みどりの窓口があるほか、自動券売機も設置されている。
駅舎内には待合スペースが設けられている
改札内にある碑。駅舎のリニューアル前は駅前に設置されていたものである
ホームは2面3線。9両編成のあずさ号が停車できる有効長をもつ。
糸魚川方面へ向かう西日本の列車は改札から遠いホームから発着する。

—————————————
所在地:長野県北安曇郡小谷村
所属路線
大糸線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください