伊勢崎駅

両毛線と東武伊勢崎の駅、伊勢崎の改札画像です。

両毛線駅名標。当駅は東武伊勢崎線との接続駅であり、伊勢崎市の中心駅である。両毛線は一部列車が当駅を始発・終着とする。
東武伊勢崎線駅名標。当駅は東武伊勢崎線の終着駅であり、東武鉄道全線で最西端の駅でもある。
駅舎。2013年に完成した真新しい高架駅である。
JR線改札口。扉付きの自動改札機が設置されている。当駅の利用者数は群馬県内のJR駅では高崎、前橋、新前橋に次ぐ4位である。
東武伊勢崎線改札口。扉付きの自動改札機が設置されている。
東武線きっぷ売り場の様子。自動券売機があるほか、窓口で定期券等の購入が可能である。
JR線のホームは2面3線。中線は上下線ホーム両方に接している。
東武線ホームは島式1面2線となっている。
浅草から114.5kmにわたって続く東武伊勢崎線は当駅が終点であり、旧国鉄・JR・3セクを除いた純民間私鉄の路線としては最長距離の路線である。

————————————————–
所在地:群馬県伊勢崎市
乗入路線
両毛線
東武伊勢崎線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください