東淀川駅

JR京都線の駅、東淀川の改札画像です。

駅名標。新大阪駅とは距離が700mほどしか離れていない。
そのため新大阪に停車する特急や新快速はスピードを落としながら当駅を通過する。
駅舎。2018年11月に使用開始された新しい橋上駅舎となっている。
東口側駅入口には旧駅舎の写真と図面が掲載されている。
取材当時の東口側旧駅舎の様子。駅舎本屋の解体はこの時点では行われていなかった。
現役時代の東口側駅舎。大阪市内ながら国鉄時代からの伝統ある駅舎が現役だった。
西口側も東口側同様に、旧駅舎の写真・図面が駅入口に掲載されている。
取材時の西口側旧駅舎の様子。この時点では駅舎本屋の解体は行われていなかった。
改札口。橋上化にあたり、東口・西口両出口の改札が1箇所に集約された。
旧駅舎時代の東口改札
旧駅舎時代の西口改札
橋上駅舎の東西自由通路。当駅の駅舎改築の最大の目的が自由通路の整備である。
当駅付近には開かずの踏切が2箇所あり、踏切付近にある歩道橋・地下道は
バリアフリーに非対応だったため、当駅にバリアフリー対応の自由通路を整備し、
当駅の橋上駅舎化後に前述の踏切および歩道橋・地下道を廃止することとなった。
改札内コンコース
ホームは島式2面4線。上下線とも外側の線路は通過線のため閉鎖されている。

—————————————
所在地:大阪市東淀川区
乗入路線
東海道本線(JR京都線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください