文挟駅

日光線の駅、文挟の改札画像です。

駅名標。日光線オリジナルデザインのレトロ調駅名標となっている。駅名標の表記は「文挾」となっているが、正しくは「文挟」である。
西口駅舎。日光線の他駅同様、レトロ調デザインとなっている。
西口駅舎内部。無人駅となっており、IC専用簡易改札機、運行状況・時刻表を表示するモニタが設置されている。
西口駅舎内部を出場側から望む。
東口駅舎。小ぢんまりとした駅舎である。以前は東口側に出入り口はなかったが、2008年に新たに新設された。
東口改札。東口側も無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
東口駅舎内部。
東口駅舎内は非常に手狭である
ホームは相対式2面2線で行き違い可能である
2番線にはホーロー製と思われる番線表示が残っている
上下線ホームおよび東口・西口間は跨線橋で結ばれる。
ホームわきには謎の側線が残っている。
当駅ホームから日光方面を望む。25‰の急な上り勾配になっていることがわかる。

 —————————————
所在地:栃木県日光市
乗入路線
日光線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください