茶志内駅

函館本線の駅、茶志内の改札画像です。

駅名標。駅名は当駅周辺の地名「茶志内」に由来する。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標も設置されている。
駅舎。茶志内だけに茶色いトタン屋根が特徴的な横に長い駅舎となっている。お姉さんお茶志内?とナンパしたくなりそうな駅名だが、当駅周辺にお姉さんとお茶できそうなカフェは存在しない。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。当駅の乗車人員は16人/日なので、1日待ってもお茶したくなるお姉さんが現れるかは微妙である。もしナンパしたいならば当駅から函館本線に乗って札幌に移動しよう。札幌までの片道運賃は1,490円で、スタバのフラペチーノ約3杯分である。
当駅駅舎内のベンチにはテーブルがついている。飲み物を持参すれば、お姉さんとお茶できるかもしれない。
駅舎のホーム側出入り口付近には、かつて使用されていたと思われる改札ラッチ跡が残る。なお、取材時にはラッチ内に自転車が駐輪されていた。
当駅には勝手口があり、駅舎内の待合室を通らずとも駅構内へ向かうことができる。
2番線・3番線ホームへは跨線橋を渡り連絡する。
跨線橋のホーム側出入り口は狭くなっている。北海道の駅でこのような構造を見ることができるが、これは、冬期に跨線橋内へ雪が入り込むのを防ぐためであると思われる。
ホーム側から見た跨線橋出入り口の様子
ホームは2面3線となっている。最も駅舎側のホームへは跨線橋を渡らずダイレクトに行くことができる。
ホーム側から見た駅舎の様子。駅舎のホーム側には…
北海道の駅でしばしば見ることのできる、横型のホーロー駅名標が設置されている。

—————————————
所在地:北海道美唄市
乗入路線
函館本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください