和歌山駅

和歌山県の玄関口、和歌山の改札画像です。

※2018年3月再取材

○駅名標
当駅には、阪和線、紀勢本線、和歌山線と貴志川線が乗り入れる。
南海・和歌山市駅と並び、和歌山市の玄関口となっている。

阪和線の駅名標。ラインカラー対応となっている。
和歌山阪和駅名

紀勢本線の駅名標。紀勢本線にも路線記号・ラインカラーが導入されたが、
当駅の駅名標ではラインカラー未対応となっている。
和歌山紀勢線駅名

和歌山線の駅名標。和歌山線もラインカラー未対応である。
和歌山和歌山線駅名

和歌山電鐵の駅名標。貴志川線は2006年まで南海が運営していた。
南海が撤退し10年以上経った今でも、駅名標は南海仕様となっている。

○駅舎
線路は高架化されておらず、地上駅となっている。
駅舎は、駅ビル「MIO和歌山」となっている。
和歌山駅舎

○中央改札
改札は1番乗り場に面している。
和歌山改札

○東口駅舎
和歌山 東口駅駅舎

○東口改札
和歌山 東口改札

○MIO2階改札
駅ビル「MIO」に直接出入りできる改札。無人改札。跨線橋に通じる。
和歌山 MIO2F改札

○MIO地下1階改札
駅ビル「MIO」に直接出入りできる改札。無人改札。地下連絡通路に通じる。
和歌山 MIO B1改札

○和歌山電鐡乗換改札
たま駅長やたま電車、おもちゃ電車等で知られる和歌山電鐵への乗り換え改札。
和歌山電鐵のホームへは改札外から直接入ることはできず、JR構内を経由する。
和歌山電鐵ではICOCA、PiTaPa等のICカードは利用できない。
和歌山電鐵中間改札

—————————————
所在地:和歌山県和歌山市
乗入路線
紀勢本線(きのくに線)
阪和線
和歌山線
和歌山電鐡貴志川線

和歌山市駅

和歌山市における南海のターミナル、和歌山市駅の改札画像です。

※2017年8月再取材

○駅名標
当駅には南海電車の南海線・和歌山港線とJR紀勢線の3路線が乗り入れる。

南海電車
南海線と和歌山港線は事実上1つの路線として扱われる。
ほとんどの列車は当駅止まりであり、和歌山港まで乗り入れる列車は少ない。
和歌山市駅名

JR紀勢線
JR西日本の路線であるが、当駅が南海管轄であるため駅名標は南海仕様である。
和歌山市JR駅名

当駅は、駅舎改築工事に伴い2017年7月に改札口の位置が変更となった。
当記事では、最新の改札の状態を紹介した後、以前の改札の様子を紹介することとする。

○改札口
南海電車のメインとなる改札。当改札を出てまっすぐ歩くと、以前の駅舎の駅前に出る。
和歌山市南海改札

○JR乗り換え改札口
JR紀勢線改札の真向かいにある改札。
南海電車からJRに乗り換える際は、まずこの改札を通り、その後JRの改札を通る。
和歌山市南海JR乗換改札

○JR改札口
改札が分離され、改札外から直接JR線構内に入ることができるようになった。
なお、当駅にはJRの駅員は配置されておらず、インターホンでの対応となる。
改札機は、JR西日本の駅に導入されているものと同じものとなっている。
和歌山市JR改札

○旧駅舎
南海電車における和歌山のターミナル駅として、堂々とした駅舎となっていた。
この駅舎は改築工事により、現在はもう見ることができなくなっている。
和歌山市 駅舎

○旧改札口
以前の改札は駅舎2Fにあり、最近あまり見かけないバー付きの改札機が現役だった。
改札を通った後は、跨線橋で各ホームにアプローチする動線となっていた。
和歌山市 改札

○旧JR乗換改札
以前、当駅からJR紀勢線に乗車する際は一度南海線の改札を通り、
改札内にある乗り換え改札を改めて通過する必要があった。
和歌山市 JR改札

—————————————
所在地:和歌山県和歌山市
乗入路線
南海本線
( 加太線)
和歌山港線
紀勢本線

橋本駅

JR和歌山線と南海高野線の駅、橋本の改札画像です。

 【現駅舎】
○JR駅名標
橋本 駅名標

○南海駅名標
橋本 南海駅名標

○駅舎
橋本 駅舎

○JR改札口
橋本 JR改札

○JR南海乗り換え改札口
橋本 JR南海

○南海改札口
橋本 南海改札

【旧駅舎】

○駅舎
橋本 駅舎

○改札口
旧駅舎では、JRと南海の共同の改札で、改札は一か所であった。
橋本

○乗換通路
橋本 乗り換え

—————————————
所在地:和歌山県橋本市
所属路線
南海高野線
和歌山線