泊駅

あいの風とやま鉄道の駅、泊の改札画像です。

 ※2017年1月再取材
 
【あいの風とやま鉄道】
 
○駅名標

 
 
○駅舎
あいの風とやま鉄道の列車とえちごトキめき鉄道双方の
列車が乗り入れるため、「あいのトキめき駅」の副駅名を持つ。
 
○改札口
 
○ホーム 
2番乗り場は富山方面⇆糸魚川方面の列車を同一ホームで乗り継げる構造になっている。

 

 
【JR時代】

○駅舎
泊駅舎

○改札口
北陸線停まり

—————————————
所在地:富山県下新川郡朝日町
乗入路線
あいの風とやま鉄道
えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン)

高岡駅

富山県第2の都市、高岡の改札画像です。

※2017年8月再取材

○駅名標
あいの風とやま鉄道
オリジナルデザインの駅名標。山側と海側で色が異なる。

 
城端線
朝にあいの風とやま鉄道に乗り入れる直通列車がある為、表記は城端線とあいの風線に跨っている。

 
○駅舎
北口駅舎
繁華街の高町・末広町、高岡古城公園へは北口から。
高岡 北口駅舎

南口駅舎
新高岡駅方面、国宝瑞龍寺へは南口より。高岡南口駅舎

○改札口
2015年3月26日よりICOCAが導入された。
氷見線・新高岡駅以外の城端線の利用はできない。
IC専用自動改札機がある。

○駅構内
ホーム富山寄りから、城端・氷見線の車庫を見ることができる。

○万葉線乗り場
路面電車乗り場。ドラえもんトラムなどに乗れる。
高岡 万葉線

○駅の南北通路
橋上駅舎らしい、綺麗な通路である。高岡 通路

○駅前のデッキ
北口のデッキ、雨に濡れずに駅北方面へ移動できる。高岡 デッキ

○駅前の風景
末広町方面を望む。8月には七夕祭で賑わう通りである。高岡 駅前

○デッキにて
晴れた日には立山連邦を見ることが出来る。
高岡 立山

—————————————
所在地:富山県高岡市
所属路線
あいの風とやま鉄道
氷見線
城端線
万葉線

富山駅/電鉄富山駅

立山・黒部アルペンルートの玄関口、富山/電鉄富山の改札画像です。

※2017年8月再取材 

○新幹線駅名標
富山新幹線駅名

○在来線駅名標(JR西仕様)
JR西仕様の駅名表からJRマークを消しただけの手抜き駅名標。
富山在駅名jr隠し

○在来線駅名標(あいの風仕様)
あいの風オリジナルデザインの駅名標。山側と海側で色が異なる。

○富山駅舎
富山駅舎

○新幹線中央改札口
改札機は東海道新幹線の新型機と同じ機種が、
発車標は山陽新幹線と同じフルカラーの機種が導入されている。
富山新幹線改札

○新幹線2F改札口
お土産店「とやマルシェ」入口に直結しており便利。
富山新幹線2F改札

○新幹線ホーム
富山駅にはすべての新幹線が停車する。
2面4線あり、「つるぎ」号の折り返しにも対応。
富山新幹線ホーム

○在来線南口改札
2015年3月26日よりあいの風とやま鉄道にICOCAが導入されたが、
高山線・氷見城端線・トキ鉄の駅への利用は不可。
自動改札は設置されておらず、IC専用簡易改札での対応となっている。
富山在来南改札

○在来線北口改札
IC専用簡易改札が設置されている。

○在来線新幹線乗り換え改札
向かい側に新幹線2F改札があり、乗り換えに便利。 

○コンコース
写真左手に在来線改札が、手前に路面電車乗り場がある。
新幹線改札を出てまっすぐ歩けば路面電車に乗れる構造となっている。
富山コンコース

○路面電車乗り場
全国で初めて新幹線駅に直接乗入れた路面電車乗り場。
在来線の高架化が完了後、ライトレールも乗り入れる予定。
富山路面電車乗り場

○電鉄富山駅名標

○電鉄富山駅舎
立山黒部アルペンルートへはこちらから。
富山地鉄駅舎


富山地鉄入口

○電鉄富山駅改札
新幹線・あいの風より一足早く自動改札機とICカードが導入されている。
Suica・ICOCA等は使用できない。
富山地鉄改札

○ホーム
東急・京阪・西武等、元大手私鉄の車両を多く見ることができる。

 
—————————————
所在地:富山県富山市
所属路線
北陸新幹線
あいの風とやま鉄道
高山本線
富山地方鉄道本線
( 立山線)
( 不二越・上滝線)
富山ライトレール
富山市内軌道線