鳥栖駅

鹿児島本線と長崎本線の結節点、鳥栖の改札画像です。

駅名標。当駅近くにある「鳥栖スタジアム」のイラストが入っている。
鹿児島本線と長崎本線が交わる結節点であり、長崎本線の起点駅でもある。
駅舎。当駅は鹿児島本線の前身である九州鉄道開業時からある九州最古の駅の1つである。
ここ鳥栖市は、福岡・熊本・宮崎・鹿児島を結ぶ九州自動車道と、大分・長崎を結ぶ
大分道・長崎道が交わる交通の要衝であり、鉄道においても当駅は交通の要衝となっている。
改札口。自動改札機が設置されている。
ホームから見た東口側の様子。SLが保存されている。
また、駅名標にも描かれているサガン鳥栖のホームグラウンドである
鳥栖スタジアムが、当駅のすぐそばにあることも見て取れる。
—————————————
所在地:佐賀県鳥栖市
乗入路線
鹿児島本線
長崎本線

新鳥栖駅

九州新幹線と長崎本線の結節点、新鳥栖の改札画像です。

新幹線駅名標。当駅は九州新幹線の駅としては佐賀県にある唯一の駅である。
また、現在建設中の長崎新幹線は、当駅から分岐する計画となっている。
在来線駅名標。鳥栖市を本拠地とするJリーグ「サガン鳥栖」のキャラクターである
「ウィントスくん」のイラストが入った駅名標となっている。
在来線の駅は新幹線開業と同時に開設され、特急列車を含む全旅客列車が停車する。
駅舎。新「」栖駅にちなみ、鳥の翼をモチーフとした特徴的なデザインとなっている。
新幹線改札。当駅は、佐賀・長崎・佐世保方面⇔熊本・鹿児島方面の乗換駅となっている。
在来線改札口。新幹線改札とは通路を挟んで向かい側に位置する。
新幹線ホーム。2面4線となっており、待避線がある。
在来線ホームは相対式2面2線となっている。
—————————————
所在地:佐賀県鳥栖市
乗入路線
九州新幹線
長崎本線