糸魚川駅

フォッサマグナとヒスイの街、糸魚川の改札画像です。

新幹線駅名標。当駅は新潟県にありながらJR西日本管轄となっている。新幹線ははくたか号のみが停車し、かがやき号は当駅通過となる。
在来線駅名標。えちごトキめき鉄道の様式になっている。
日本海口駅舎。JRマークが外されている。
アルプス口駅舎。ヒスイとフォッサマグナの地層をモチーフとしたデザインである。
新幹線改札。富山駅や金沢駅と異なり3色LEDの発車標が導入されている。

在来線改札。自動改札は導入されておらず、有人通路での対応となる
在来線ホームは2面3線。一部列車が当駅を始発・終着とする。
大糸線ホームは切り欠き式。大糸線の当駅ー南小谷間は全国有数の閑散区間である。 

かつて当駅の名物として親しまれた赤レンガ車庫。 新幹線建設に伴い多くの人に惜しまれつつ取り壊された。 しかし車庫の一部保存が決まり、こうして新幹線駅舎前で大糸線より引退したキハ52とともに大切に展示されている。
糸魚川のシンボル「奴奈川姫(ぬながわひめ)」の銅像が駅前に建立されている。

—————————————
所在地:新潟県糸魚川市
所属路線
北陸新幹線
大糸線
日本海ひすいライン

能生駅

えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの駅、能生の改札画像です。

駅名標。「能生」と書いて「のう」と読む難読駅名である。
駅舎。外装が近年青基調から緑基調に変更された。
JR時代の駅舎。現在と異なり青基調の色合いとなっている(2014年頃取材)
改札口。有人駅となっており、係員が集改札と乗車券の販売を行う。ひすい線内では糸魚川と当駅ただ2つの、数少ない有人駅のうちの1つである。
能生
JR時代の改札口。現在とあまり大きな違いはない。(2014年頃取材)
当駅には自動券売機が設置されている。
駅舎内には待合スペースがある
ホームは2面4線となっており退避設備がある。JR時代は当駅を多数の特急列車が行き交っており退避設備の必要があったが、現在は普通列車と貨物列車のみのため退避設備の必要性は薄くなってしまった。
ひすい線は輸送密度が低いため、電化路線ながら気動車1〜2両での運行である。国鉄時代の名残で当駅も長いホームを有するが端の方は閉鎖されている。なお、当駅の駅名標は閉鎖箇所にしかないため至近距離で撮影することは不可能である

—————————————
所在地:新潟県糸魚川市
所属路線
日本海ひすいライン

柿崎駅

信越本線の駅、柿崎の改札画像です。

駅名標。近隣にある「柏崎」駅と字面が似ているため、降り間違いに注意。当駅は特急列車や快速列車も停車する、信越線の主要駅の1つである。
駅舎。鉄筋コンクリート製の駅舎は10年程前に改築された比較的新しいものである。
改札口。有人駅でありみどりの窓口があるが、窓口営業時間外は無人となる。
駅舎内部。コンパクトな駅舎となっている。自動券売機が設置されている。
駅舎内の待合スペース。窓ガラスにはハマナスの花のイラストが描かれている
ホームは2面3線。当駅ではしばしば特急列車や貨物列車の通過待ちがある。

—————————————
所在地:新潟県上越市
乗入路線
信越本線

柏崎駅

鯛茶漬けと水球の街、柏崎の改札画像です。

駅名標。当駅は信越線と越後線の分岐駅であり、越後線は当駅が起点である。
越乃Shu*Kura駅名標。当駅には観光列車「越乃Shu*Kura」が停車する
駅舎。当駅はブルボン、鯛茶漬け、水球、原発で知られる柏崎市の玄関口である。駅舎の外観は近年柏崎の美しい海をイメージさせるデザインにリニューアルされた。
改札口。Suica対応の自動改札機が3通路設置されている。なお当駅のSuicaは飛び地導入であり、長岡や直江津等導入駅への乗車のみ使用できる。隣の東柏崎、茨目、米山駅等、非導入駅への乗車時は切符を購入する必要がある。
駅舎内部、券売機周辺。
駅舎内部、待合室周辺。
ホーム。当駅は信越線における主要駅であるため、駅構内は広くなっている。
越後線専用の0番線ホームは頭端式となっている。

—————————————
所在地:新潟県柏崎市
乗入路線
信越本線
越後線

安田駅

信越本線の駅、安田の改札画像です。

駅名標。安田顕・安田美佐子・安田大サーカスとは関係がない。
駅舎。地平駅舎となっている。駅周辺に高校があり高校生の利用が多い。
改札口。窓口営業時間の間有人となり乗車券の購入が可能。自動券売機あり。ホーム入口扉上には手書きの案内表示がなされている。
駅舎内の待合スペース
ホームは2面3線だが、中線は使用されておらず実質2面2線で運用される
当駅の跨線橋は歴史を感じさせる雰囲気が漂う

—————————————
所在地:新潟県柏崎市
乗入路線
信越本線