長柄駅

桜井線の駅、長柄の改札画像です。

駅名標。「走るスラム街」ことムーンライトながらとは関係がない。
駅全景。当駅にはぱっと見駅舎があるように見えるが、実際はホームへの階段付近に屋根があるのみとなっている。
当駅は無人駅となっており、ホームへダイレクトに行くことができる。ホーム上の階段付近にはIC専用簡易改札機・自動券売機と集札箱が置かれている。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、行き違いは不可能である。
ホーム上の待合室には地元学生が描いたと思われる、車窓に映る乗客と四季をイメージした華やかなイラストが掲げられている。イラストには、老若男女が楽しそうに列車に乗っている姿が描かれており、当駅と同名の某列車とは真逆の印象を受ける。
ホームの傍らにはトイレと東屋を兼ねた建物が建っており、待合室としても利用できる。

—————————————
所在地:奈良県天理市
乗入路線
桜井線(万葉まほろば線)

天理駅

JR桜井線と近鉄天理線の駅、天理の改札画像です。

JR桜井線駅名標。桜井線への路線記号が導入された際、駅名標はラインカラー入りのものとなった。
ラインカラー導入前のJR駅名標
近鉄電車駅名標。当駅は近鉄天理線の終着駅。
駅番号導入前の近鉄駅名標
駅舎。JRと近鉄の駅は同じ駅舎となっているが、JR駅は高架駅、近鉄の駅は地上駅で、両者の駅は直角に交わるように立地している。当駅は天理教発祥の地・天理市の玄関口であり、天理教信者の利用も多くみられる。
JR桜井線改札口。近鉄王国・奈良県において、JRと近鉄の両方が乗り入れる駅では、ほとんどの駅で近鉄の利用者数がJRを上回るが、当駅においても、JRの利用者数は近鉄利用者の半分程度となっている。
先述の通り、当駅は天理教信者も多数利用する。天理教の祭礼時は信者の利用が特に多く、全国から団体臨時列車も運行される。そのため、当駅構内には団体専用の出入り口も設けられている。
ホームは2面4線で行き違い可能。2面4線のうち、通常は1面2線のみが使用され、残りの1面2線は団体用臨時ホームとなっている。
近鉄電車改札口。当駅は、近鉄天理線という近鉄の支線の駅でありながら、利用者数はJR桜井線の約2倍となっている。近鉄王国・奈良県において、いかにJRの力が弱いかが見て取れる。
近鉄電車のホームにも、JRと同様に団体専用出入り口が設けられている。
近鉄電車のホームは4面3線の頭端式となっている。当駅が終着駅のため、線路は行き止まりである。小規模ではあるが、ターミナル駅の趣が感じられる。
近鉄電車のホームでは昔懐かしのパタパタ式の発車標が使用されている。近年は全国的に見かける機会が減っているが、近鉄電車の駅では当駅以外でも比較的よく見ることができる。
駅前に設置された「ようこそ おかえり」と書かれた歓迎看板。天理教信者向けに設置されているものと思われる。当駅が立地する天理市は岡山県金光町(現浅口市)、新宿区信濃町などと並び、宗教都市としても知られている。

—————————————
所在地:奈良県天理市
乗入路線
桜井線
■ 近鉄天理線

櫟本駅

桜井線の駅、櫟本の改札画像です。

駅名標。「櫟本」と書いて「いちのもと」と読む難読駅名である。
駅舎。重厚な造りの趣ある木造駅舎となっている。
駅舎側面も趣ある雰囲気がぷんぷんと漂っており…
ホーロー製と思われる「火気厳禁」看板が設置されている
改札口。無人駅であり、IC専用簡易改札機が設置されている。
駅舎内部。自動券売機が設置されている
待合スペースは広々としている
駅舎屋根の下も木造駅舎らしい歴史を感じさせる雰囲気が漂う
ホームは相対式2面2線で行き違い可能
当駅でしばしば列車の交換が行われる
跨線橋は歴史を感じさせる造りとなっている。
跨線橋入口には橋をお渡りくださいと書かれた細長い看板がある。先ほどの駅舎側面のホーロー看板を始め、当駅にはもじ鉄案件が豊富となっている。
改札口付近には「橋をお渡りください」看板がある
駅舎側ホームの柱にはJR西日本通常タイプと異なる縦型駅名標がある
天理桜井方面行きホームには木製のエモい看板がある
奈良・天王寺方面の看板。手書きと思われるが、消えている箇所も多い
ホームの桜井寄りには信号機器室の建物があり、そこに取り付けられている銘板もエモい雰囲気が漂う。このように、当駅は看板マニア必見のもじ鉄案件が複数存在する。

—————————————
所在地:奈良県天理市
乗入路線
桜井線(万葉まほろば線)

帯解駅

桜井線の駅、帯解の改札画像です。

駅名標
駅舎。開業当時からのものと思われる木造駅舎が現役である
改札口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
かつて窓口があったと思われる場所は封鎖されている。自動券売機があり、ICOCAチャージも可能。
改札口付近の壁には国鉄時代から残ると思われる看板がある
駅舎内部。待合スペースとなっている。
ホームから見た駅舎の様子。屋根や柱の造りから歴史が感じられる。
ホームは相対式2面2線で行き違い可能

—————————————
所在地:奈良県奈良市
乗入路線
桜井線(万葉まほろば線)

 

京終駅

桜井線の駅、京終の改札画像です。

駅名標。「京終」と書いて「きょうばて」と読む難読駅名である。当駅周辺は駅名の通り、奈良市街地のはずれにあたる。
駅舎。明治31年築の駅舎が現役であり、近年奈良市によるリニューアル工事が行われた結果開業当時の姿に復元された。
改装され美しくなった駅舎は青空にもよく映える。
改札口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
改札口付近には国鉄時代の駅名標をリメイクしたと思われる駅名標が設置されている。
駅舎内部。自動券売機があるほか、駅舎内でカフェが営業している。
駅舎内のカフェは11:00〜19:00営業となっている。
駅舎内部。待合スペースは広々としており、ピアノも置かれている。ピアノは自由に演奏することが可能である。
駅舎内に取り付けられたシャンデリアも趣を感じる造りとなっている。
また、駅舎内部では当駅の歴史についての紹介や鉄道グッズの展示がなされている。
かつての当駅の時刻表。
SLの写真等も展示されている。
ホーム側から見た駅舎の様子。歴史を感じさせる造りとなっている。
ホームは相対式2面2線で行き違い可能である。
桜井方面ホーム上にもベンチが設けられている。
奈良方面ホームへは地下道を通る必要がある。改札口付近に掲げられたこの看板は国鉄時代から残るものと思われる。
奈良方面ホームのベンチは木製となっており歴史が感じられる
当駅には事業用車両が使用すると思われる側線もある
ホーム奈良方面から桜井方面を望む
当駅に停車する奈良行き各駅停車。桜井線は長らく国鉄型車両で運行されていたが、近年新型車両が導入された。

—————————————
所在地:奈良県奈良市
乗入路線
桜井線(万葉まほろば線)