奥飛騨温泉口駅

神岡鉄道の終着駅、奥飛騨温泉口の廃駅画像です。

駅名標。当駅は国鉄神岡線および神岡線を転換した神岡鉄道の終着駅であったが、2006年に廃止され、鉄道駅としての役割を終えた。しかし、現在も線路は残っており、線路の上を自転車で走行する「レールマウンテンバイク」の走行体験が可能である。
駅舎。神岡鉄道として運行していた当初の駅舎が現在も残っており、レールマウンテンバイクが営業する4〜11月の間は、受付および出発拠点として使用されている。なお、この駅舎は2002年に改築されたものであり、駅舎として使用されたのは2006年の廃止までのわずか4年間のみである。
駅舎前には小屋が設けられているが…
この小屋にはトロッコ用車両が展示されている。
このトロッコは隣県・富山県の立山砂防トロッコで使用されていたもので、なぜか少し距離の離れた当駅前に展示されている。
駅舎内部。囲炉裏が設けられており、現役時代は待合室として使用されていたと思われる。
かつて駅舎内には神岡鉄道の本社が入居していたが、現在はレールマウンテンバイクの出発前の説明ルームなどに使用されている。
駅舎内にはかつて使用されていたの鉄道グッズを展示するスペースも設けられている。
かつての改札口からホーム付近を望む。レールマウンテンバイクの発着基地となっており、かつての面影はあまり感じられない。
レールマウンテンバイクの基地から少し猪谷方向に進むと、かつてのホームと線路の遺構が見えてくる。
ホーム上には国鉄風のフォントを使用した駅名標と名所案内が設置されているが、神岡鉄道時代の駅名標デザインと異なるため、これらの看板はレールマウンテンバイクの営業開始に伴い設置されたものと思われる。
また、ホームの下には神岡鉄道の現役時代に、国道41号線等の道路に設置していたと思われる、神岡鉄道各駅への案内看板が保存されている。
かつての駅構内には神岡鉄道で使用されていた車両「おくひだ1号」が展示されており…
中に入って見学することも可能である。なお、おくひだ号の展示はレールマウンテンバイクの営業時に限られる。また、定期的に運転体験イベントも行われているようである。
駅構内の猪谷方面を望む。観光地化されている駅舎周辺と異なり、錆び付いた線路が森の中に伸びている、廃線独特の雰囲気が漂う。

————————————— 
所在地:岐阜県飛騨市神岡町
乗入路線
 神岡鉄道神岡線

 

御嵩駅

名鉄広見線の終着駅、御嵩の改札画像です。

○駅名標
当駅が名鉄広見線の終着駅となっているが、存廃問題がある。
終着駅が当駅ではなく新可児になることのないよう願うばかりである。
御嵩駅名

○駅舎
三角屋根が特徴の趣ある駅舎となっている。
御嵩駅舎

駅舎内には御嵩町の観光協会が入居している。
御嵩駅舎内部

○改札口
窓口跡、改札ラッチ跡が残るが、先述の通り窓口には観光協会が入居している。
観光協会は改札業務を行っていないため、当駅は改札のない無人駅となる。
御嵩改札口

○ホーム
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、当駅が終点のため線路は行き止まりである。
御嵩ホーム

自動券売機はホーム上に設置されている。
御嵩券売機

岐阜県の宝である広見線の新可児ー御嵩間にいつ乗るの?「今でしょ!」
御嵩いつ乗るの今でしょ

————————————————–
所在地:岐阜県可児郡御嵩町      
乗入路線
名鉄広見線
   

御嵩口駅

名鉄広見線の駅、御嵩口の改札画像です。

○駅名標
御嵩口駅名標

○駅舎
当駅に駅舎は存在せず、ホーム上に待合室があるのみである。
御嵩口駅全景

○改札口
manaca導入エリア外の当駅には改札は存在しない。
無人駅となっており、自動券売機が1台設置されているのみである。
御嵩口券売機

○ホーム
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、行き違いは不可能である。
御嵩口ホーム

————————————————–
所在地:岐阜県可児郡御嵩町      
乗入路線
名鉄広見線
   

顔戸駅

名鉄広見線の駅、顔戸の改札画像です。

○駅名標
「顔戸」と書いて「ごうど」と読む初見殺し駅名。
顔戸駅名

○駅舎
駅舎はなく、ホーム上に待合室があるのみである。自動券売機は設置されている。
顔戸駅舎

待合室内は、ベンチがあるのみである。
顔戸待合室

○改札口
当駅を含む広見線末端(新可児〜御嵩間)の各駅は、manaca導入対象外エリアである。
そのため、自動改札機やIC専用簡易改札機は設置されておらず、改札口は存在しない。
ホームには駅の敷地外からそのまま入ることができる。
顔戸駅入口
また、ホーム新可児寄りには勝手口もある。
顔戸勝手口

○ホーム
ホームは単式1面1線の棒線駅であり、行き違いは不可能である。
顔戸ホーム可児方

顔戸ホーム御嵩方

当駅を含む広見線末端区間は、存廃問題が取りざたされている。
そのため、当駅付近には、広見線の存続を願うのぼりが立てられている。
のぼりは立てられてから相当年月が経過しているのか、色あせている。
広見線が廃止となり、広見線の記憶がのぼり同様色褪せないことを願うばかりである。
顔戸乗って残そう

————————————————–
所在地:岐阜県可児郡御嵩町      
乗入路線
名鉄広見線
   

明智駅

名鉄広見線の駅、明智の改札画像です。

○駅名標
当駅は名鉄広見線の駅であるが、かつては八百津線が当駅より分岐していた。
八百津線は惜しまれつつ2001年に全線が廃止されている。
また当駅ー新可児間に学校前駅があったが、2005年に廃駅となっている。
明智駅名

○駅舎
三角屋根が特徴的な趣ある駅舎となっている。
明智駅舎

駅舎内は待合室となっている。
明智駅舎内部

駅前からは廃止となった八百津線の代行バスが発着する。
明智駅前

○改札口
manaca導入エリア外の無人駅であるため、改札口は存在しない。
改札ラッチ跡と窓口跡が残っているほか、自動券売機が1台設置されている。
明智改札跡

明智券売機

ホームへは構内踏切を渡って移動する。
明智構内踏切

構内踏切を渡った先には勝手口がある。
明智勝手口

○ホーム
ホームは2面3線となっている。広見線末端部の駅としては広い構内を有する。
これは、先述の通りかつて当駅が八百津線の分岐駅であったためである。
明智ホーム

かつて八百津線だった線路は行き止まりとなっており、その先は雑草が生い茂っている。
当駅を含む広見線末端区間(新可児ー御嵩間)にも存廃問題がある。
広見線ホームも、将来八百津線同様に雑草で生い茂ることのないよう願うばかりである。
明智駅構内

————————————————–
所在地:岐阜県可児市
乗入路線
名鉄広見線