会津若松駅

鶴ヶ城の城下町、会津若松の改札画像です。

※2015年9月再取材

○駅名標
当駅には磐越西線と只見線が乗り入れる。
磐越西線はスイッチバック式となっており、
当駅をまたいで運行する列車は当駅で方向転換を行う。会津若松駅名

○駅舎
会津若松駅舎

○改札口
2014年4月のSuica導入の際、自動改札機が導入された。
会津若松改札

○白虎隊像
会津といえば白虎隊。並んで記念撮影もできる。
会津若松白虎隊

○赤べこ
会津といえば赤べこ。並んで記念撮影もできる。
会津若松赤べこ

○お城ボくん
鶴ヶ城をモチーフに制作された市公式キャラクター。
「タイムボカン」シリーズの監督として知られる
笹川ひろし氏(会津若松市出身)がデザインした。
会津若松お城ボ

—————————————
所在地:福島県会津若松市
所属路線
磐越西線
只見線
会津鉄道)

郡山駅

福島県最大のターミナル駅、郡山の改札画像です。

※2018年4月再取材

郡山新幹線駅名
新幹線駅名標
郡山駅名
在来線駅名標
郡山駅舎
駅舎。福島県中央に位置し交通の要衝として発展を続ける郡山市の玄関口である。
郡山在来改札
在来線中央改札。地上1Fにある。ホームへは地下道で連絡する。
新幹線中央改札口。地上2Fにある。
郡山エスパル
在来線北口(エスパル)改札 。新幹線北口改札・乗換改札とは、駅員詰所を共有している。
新幹線北口(エスパル)改札
新幹線乗換改札
郡山ゆるキャラ
郡山市ゆるキャラ・がくとくん像

—————————————
所在地:福島県郡山市
乗入路線
東北新幹線
山形新幹線)
東北本線
( 水郡線)
磐越東線
磐越西線

全国の『郡山駅』リンク
->奈良県にある関西本線の郡山駅

福島駅

福島県の県庁所在地、福島の改札画像です。

※2018年4月再取材

東北・山形新幹線駅名標。当駅で東北新幹線から山形新幹線が分岐する。
そのため、当駅で山形新幹線と東北新幹線の連解結が行われる。
福島駅名
東北本線駅名標
福島奥羽線駅名
奥羽本線駅名標。奥羽本線は、山形新幹線が乗り入れるため標準軌となっている。
東北本線など、他の在来線とはレールの幅が違うため専用のホームとなっている。
福島交通駅名標。通称「飯坂電車」と呼ばれ、飯坂温泉方面へのアクセス路線である。
阿武隈急行駅名標。阿武隈急行は旧国鉄丸森線を第三セクターに移管した路線である。
福島駅舎
駅舎
在来線東口改札。福島県庁・福島市役所・福島市の中心市街地は東口側にある。
福島在来西口
在来線西口改札。新幹線改札・新幹線乗換改札と駅員詰所を共用している。
エスパル改札。東口駅ビル「エスパル福島」に直結する改札口。
新幹線改札
新幹線乗換改札
新幹線改札内から見た新幹線改札および新幹線乗換改札。駅員詰所を共用している。
阿武隈急行・福島交通改札。阿武隈急行と福島交通は駅構内・改札を共用している。
福島交通ではICカード「noruca」が利用でき、IC専用簡易改札機が設置されている
跨線橋に設置された福島県ゆるキャラ・キビタンの像。福島を訪れる人々を出迎えている。
福島県の鳥、キビタキをモチーフにして作成された県公式キャラクターであり、
2011年の震災以降は福島県の復興シンボルキャラクターとしても起用されている。
東口駅前に設置された福島市出身の作曲家・古関裕爾の銅像。
毎時ちょうどに時報として彼が作曲した曲が流れるようになっている。
なお当駅では、彼の作曲した曲のうち「高原列車は行く」を在来線発車メロディ、
甲子園の入場曲として知られる「栄冠は君に輝く」を新幹線発車メロディーとして使用中。
—————————————
所在地:福島県福島市
乗入路線
東北新幹線
山形新幹線
東北本線
奥羽本線(山形線)
阿武隈急行線
福島交通飯坂線

全国の『福島駅』リンク
->大阪市にある大阪環状線の福島駅
->長野県にある中央西線の木曽福島駅