福島学院前駅

阿武隈急行の駅、福島学院前の改札画像です。

駅名標。「が」の点が剥がされ、「ふくしまかくいんまえ」になっている。
駅名の通り、当駅は福島学院大学の最寄駅である。
駅舎。盛り土上にあるホームと駅前広場には若干高低差がある。駅舎内は階段となっている。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっている。
当駅のホームからは福島市のシンボルである信夫山(しのぶやま)が見える。
また当駅周辺にはスーパーや飲食店等の店舗が多い。

—————————————
所在地:福島県福島市
乗入路線
阿武隈急行線

卸町駅

阿武隈急行の駅、卸町の改札画像です。

駅名標。当駅は福島駅の隣の駅である。
駅舎。待合室となっているが、閉鎖されている時がある。
閉鎖時は、駅舎右側の通路を通ってホームへと向かう。
ホームからみた駅舎の様子。ホームへは階段を上がる必要がある。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり、行き違いは不可能である。

—————————————
所在地:福島県福島市
乗入路線
阿武隈急行線

東福島駅

東北本線の駅、東福島の改札画像です。

駅名標
駅舎。趣ある雰囲気の木造駅舎となっている。
改札口。Suica対応の簡易改札機が設置されている。
ホームは島式1面2線となっている。
当駅は貨物駅を併設しているため、駅構内はとても広くなっている。

—————————————
所在地:福島県福島市
乗入路線
東北本線

安積永盛駅

東北本線と水郡線の駅、安積永盛の改札画像です。

○駅名標
当駅には東北本線と水郡線が乗り入れる。
水郡線は当駅が終着駅であるが、全列車が東北本線に乗り入れ郡山まで直通する。

○駅舎
木造の地平駅舎となっている。

○改札口
IC専用簡易改札機が2台設置されている。
 
————————————— 
所在地:福島県郡山市
乗入路線
東北本線
水郡線

湯本駅

フラガールと湯けむりに出逢える町、湯本の改札画像です。

○駅名標
当駅はスパリゾートハワイアンズといわき湯本温泉の最寄駅である。
そのため、副駅名「フラガールと湯けむりに出逢える町」が導入されている湯本駅名

○駅舎
2015年春の副駅名導入に併せ、リニューアルされた。湯本駅舎

○改札口湯本改札

○ホームの足湯
当駅の1番線ホーム(下り・いわき方面)には足湯がある。
改札を入ってすぐに、足湯の位置を示す表示があり、
アロハシャツを着たムコナくんが足湯へと案内してくれる。
湯本足湯案内

有効な乗車券(入場券可)を持っていれば誰でも入れ、
足湯に浸かりながら電車を待つことができる。
湯本ホーム足湯

○駅前広場の足湯
ホーム内のほか、駅前広場にも小ぢんまりとした足湯がある。
他にも、日帰り温泉施設が駅徒歩圏内にあり、湯本の温泉を気軽に楽しめる。
湯本足湯外

○温泉をモチーフとした駅前広場の時計
湯本時計

—————————————
所在地:福島県いわき市
乗入路線
 常磐線