流山おおたかの森駅

つくばエクスプレスと東武野田線の駅、流山おおたかの森の改札画像です。 

※2018年1月再取材

駅名標

当駅にはつくばエクスプレスと東武野田線の2路線が乗り入れる。

おおたかTX駅名
つくばエクスプレスの駅名標。
駅名の由来はオオタカが生息する森が近隣に広がっていたことによる。
なお、森は当駅周辺の開発により半分以上が伐採されてしまっている。
野田線駅名標。当駅は2005年に開業した東武鉄道で最も新しい駅である。

駅舎

つくばエクスプレスと野田線の駅舎は独立しているが、隣接している。

おおたかTX駅舎
つくばエクスプレス駅舎。高架駅となっている。
おおたか野田駅舎
野田線駅舎。野田線の駅はつくばエクスプレス開業に伴い乗換駅として新設された。
なお、東武鉄道は当初接続駅を設置する予定は一切なく、
地元流山市の資金負担により野田線の当駅開業が実現した。

改札口

おおたかTX改札
つくばエクスプレス改札

おおたか野田改札
野田線改札。東武アーバンパークラインと書かれた看板が設置されている。
東武は野田線をアーバンパークラインと呼ばせたいようだが、利用者には定着していない。

おおたかホーム
つくばエクスプレスホーム。当駅は快速を含む全列車が停車する。
2面4線となっているおり、当駅で緩急接続が行われることが多い。
おおたかステンドグラス
当駅改札内コンコースにステンドグラス「天地の恵みー花々の輝き」が設けられている。
菜の花(千葉県の花)、つつじ(流山市の花)を中心に様々な花が描かれている。
おおたか駅前野田線側
当駅が立地する流山市は、つくばエクスプレス開業に伴い人口が急増し、
人口増加率は2015年現在で千葉県全市町村中断トツトップとなっている。
おおたか駅前工場側
中でも当駅周辺はマンション建設ラッシュに沸いており、特に人口増加が著しい。
おおたか駅前SC側
駅前には大型商業施設「おおたかの森S・C」があり、週末は買い物客で賑わう。
————————————— 
所在地:千葉県流山市
乗入路線
 つくばエクスプレス
東武野田線(東武アーバンパークライン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください