郡山駅

福島県最大のターミナル駅、郡山の改札画像です。

新幹線駅名標。当駅にははやぶさ号・こまち号を除くほとんどの新幹線が停車する。なすの号の一部列車が当駅を始発・終着とする。
在来線駅名標。当駅には東北本線、磐越東線、磐越西線が乗り入れるほか、隣の安積永盛駅で分岐する水郡線の列車も乗り入れる。

磐越西線に郡山富田駅が開業するまで、当駅の隣駅は喜久田駅であった。当駅は、東北本線で福島・白河方面、磐越東線でいわき方面、磐越西線で会津若松・新潟方面へ連絡でき、福島県における主要都市のみならず、交通の要衝としての役割も果たす。
駅舎。福島県中央に位置し交通の要衝として発展を続ける郡山市の玄関口である。
在来線中央改札。地上1Fにある。ホームへは地下道で連絡する。
新幹線中央改札口。地上2Fにある。
在来線北口(エスパル)改札 。新幹線北口改札・乗換改札とは、駅員詰所を共有している。
新幹線北口(エスパル)改札
新幹線乗換改札
ホームは3面6線となっており、東北本線・磐越東線・磐越西線・水郡線の5方向に列車が発着する。ホーム間の移動は、跨線橋で行うほか…
地下通路でも移動が可能となっている。
地下通路への階段付近には、国鉄時代からのものと思われる駅名標がある。
駅構内には留置線が多数あり、非常に広くなっている。また、市街地が広がる西口側と異なり、東口側には保土谷化学の工場がある。
東口側にも駅出入口はあり、西口側から連絡通路が伸びている。
また、駅構内には郡山総合車両センターがあり、磐越東線で使用される気動車等が留置されている。
車両所構内には転車台も残る。現在使用されているかどうかは不明。

—————————————
所在地:福島県郡山市
乗入路線
東北新幹線
 山形新幹線)
東北本線
水郡線)
磐越東線
磐越西線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください