和田浦駅

内房線の駅、和田浦の改札画像です。

駅名標。内房線・外房線1周の中間地点は当駅ー南三原間にあるため、当駅ー鴨川間の内房線各駅から蘇我以遠へは外房線周りの方が近い。
当駅設置の名所案内看板
駅舎。当駅の立地する南房総市和田町は関東唯一の捕鯨基地として知られており、木材を多用した駅舎はクジラをモチーフとした特徴的なデザインとなっている。
改札口。当駅は無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
ホーム側から見た改札口の様子
当駅に自動券売機は設置されていない
駅舎内は広々とした待合スペースがある
ホームは相対式2面2線で行き違い可能
千倉・館山方面へは跨線橋を渡る必要がある
当駅はB.B.BASEの内房コースにおける終着駅であるため、ホーム上にサイクルラックが置かれている
跨線橋から見たホームの様子。当駅裏の国道側には道の駅があり、和田浦名産であるクジラ料理が食べることもできる。しかし、当駅から直接道の駅側に出ることはできず、まわり道をする必要がある
天気の良い日には当駅の跨線橋から青々とした海を望むことができる。当駅は内房線の駅だが外房側にあるため、見える海は東京湾ではなく太平洋である。
当駅跨線橋から太平洋を望む
ホームからもわずかに海を見ることができる
取材時、当駅1番線にはホーローの番線標が残っていた。

—————————————
所在地:千葉県南房総市
乗入路線
内房線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください