牛ノ谷駅

北陸本線の駅、牛ノ谷の改札画像です。

駅名標、当駅は北陸本線の福井県最北端の駅となっていおり、隣の大聖寺駅からは石川県に入る。
こぢんまりとした木造駅舎となっており、山間に佇む田舎の小駅感が漂う。駅舎は近年若干のリニューアルが行われた。
 リニューアル前の駅舎、柱や瓦の色が若干違うことが分かる。
ホーム側から撮影した駅舎の様子。
改札口。無人駅であり、IC専用簡易改札機設置。県境に位置しているためか当駅の利用者数は北陸本線全線で最も少ない部類に入る。当駅ー新疋田間の北陸本線福井県内各駅では、長らくICカードの利用は不可能であったが、2018年9月に待望の交通系ICが導入され現在は利用可能となっている。
駅舎内はベンチが置かれ待合室となっている。
駅舎内には運行状況表示モニター(iPad使用)が設置されているが自動券売機は設置されていない。ICチャージ不可のため残高不足に注意。
ホームは島式1面2線となっている。各ホームの高さが異なっておりホーム上に段差がある。
駅舎からホームへは構内踏切を渡る必要がある。特急列車が通過するため注意。

—————————————
所在地:福井県あわら市
所属路線
北陸本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください